2008年11月06日

黒いネコはなぜ、写真写りが悪いのだろう

choco1103-2.JPG

先日の連休。キャットタワーのハンモックで優雅なお昼寝。
こいつの名前はチョコ。男の子で推定4歳。見てのとおりまっくろ。幸せを運ぶと言われるカギしっぽ。こういう寝顔を見てると癒される・・・

どうして黒いネコは写真写りが良くないのだろう。って普段思う。特に画質が劣る携帯写真などは、撮影しても黒い物体が寝そべってるだけで、他人に見せるときは、ここがしっぽでね、なんて説明しなきゃわかんない。黒い子の飼い主サンはきっとみんな同じ悩みを抱えてるのかなぁ。
ちょうど窓からの光が差し込む場所だから、陰影がくっきり際立ってきれいな毛並みを写真に収めることができた。お父さんかお母さんがロシアンブルーらしいので、毛並みはキレイなのだ。

あまりに気持ちよさそうなんでちょっとイジワルしてちょっかい出してみた・・・コイツはなぜかあまり怒ったりしないけど、寝たい寝たいって抵抗する。それがまたカワイかったりする。
choco1103-4.JPG

ねむたいニャン・・・・


choco1103-3.JPG
ねむたいニャンニャン!

choco1103-1.JPG
おきちゃったよ!もー


ヤマト運輸のお兄さんが荷物を届けにきたら、コイツを抱きかかえて玄関へ行く。お兄さんは見ただけですぐにシャレに気が付いてくれて、満面の笑顔。でもコイツは体デカいわりに根性ないから、怖がってすぐに逃走。後で抱きかかえてヨシヨシ。あー癒される。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3匹のねこたち

2008年10月18日

3ニャンのおひるねタイムの攻防

うちにはネコがいる。3ニャン。ご紹介。

・チョコ・・・黒で男の子。推定5歳。ペットショップから貰ってきたとき、店員さんはロシアンブルーとなんかのミックスだから気位が高く上品なネコって言ってたけど、飼い主の期待をしっかりと裏切るたくましい成長ぶり。寒いの平気。結膜炎を頻発する。色が黒いからチョコなのか、小さい頃チョコチョコよく歩きまわるからチョコなのかは不明。本人もあまり気にしていないようだ。

・ミルク・・・白で男の子。推定5歳。チョコが家でさみしそうにしているので、やっぱり多頭飼いがいいかもねと思った。ある日「もし今日ペットショップの前を通ったとき白ネコがいたらそいつにして、名前はミルクにしょう」と思ってたらちょうどいいやつがいた。しかしオスどうしだからやがてチョコとは距離を置くように。とても甘えんぼう。寒いのダメ。

・ヒメ・・・推定4歳の女の子。顔の模様が富士山型。ある日営業の帰りで横浜の海岸沿いの草むらを歩いていたときに、か弱い鳴き声が聞こえてきた。逃げないところを見ると、さては捨てられたな・・・子猫でガリガリでおなかも空いてそうだ。
 拾い上げたら抵抗もしない・・・ほっておけなくてそのまま持ち帰ることに決めた。しかし大事件はその直後におきた。最寄駅に着いたとたん、雷、そしてスコールのような激しい雨が降り出したのである。この子、もしかするとあの草むらの中で風邪ひいて死んでたかもしれない。。。

 拾ってきたときはわりとなつっこかったのに、なぜかだんだんなつかなくなってしまった。今でもなつかない。もしかすると、小さい頃、人間にいじめられて捨てられたのかもしれない・・・ネコに詳しい友人でも、成長してから拾ったらそういうことはあるけど、小さい頃拾って時間たってもこれだけなつかない子は珍しいという。

 好物はちくわとアイスクリーム。

neko_ohirune.JPG

このキャットタワーは「トムキャットタワー タイプ2」

 今日は自宅にいたので、みんなの寝てる姿を見てとても癒された。と思ったら、起きてる子が。ミルクだ。

 鳴いてる。どうしたのかと思えば、どうやた下に降りたいようだ。

 本当なら右側のチョコが寝ている青い箱に足をついて、順に降りるのだけど、チョコのやつが寝てる。できれば近寄りたくないのでそれができない。すぐ下にあるのは小さいし差があり降りずらい。
で、降ろしてワオン(こいつはワオンと鳴く)と懇願しているのだ。
milk1018.JPG

降ろしてワオン(と懇願する顔のミルク)
choco1018.JPG

ぼくはかんけいないニャン。寝たフリニャン。(チョコ)
milk1018-2.JPG

チョコのやつ、いい気になって寝てるよほんとうにもう(ミルク)

 もちろん撮影のあとは、ミルクちゃんを抱きかかえて降ろしてあげた。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3匹のねこたち