2009年08月13日

セブンイレブン、値引きした店に契約解除通知 不買運動を宣言する

 久々に怒りの記事。

 セブンイレブン本部ってナニサマ?不買運動をネット上でしようかと思うけど、ここ見にきた人どう思う?

 セブン本部は、八王子南口店オーナーの増田敏郎氏へ一方的な契約解除通知を送ったという。

 増田さんといえば、先日の公取による排除命令のニュースで、店舗オーナーとしてテレビとかによく出てきた人。そう。スキンヘッドのおっちゃん。親しみやすい印象の。
朝日新聞より引用

セブンイレブン、値引きした店に契約解除通知

2009年8月13日5時37分
 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンが、弁当などの値引き販売をしている東京都内の加盟店主に対し、フランチャイズ契約の解除を通知したことが分かった。セブン側は「値引きが理由ではない」としているが、店主は不服だとして、近く東京地裁に地位保全を求める仮処分を申請する方針。

 契約を解除されたのは八王子南口店(八王子市)を経営する増田敏郎さん(60)。値引き販売をする店主らでつくる組織の中心人物の一人だ。

 本部側は契約解除の理由について、会計処理や弁当の鮮度管理などの点での契約違反に加え、来店した本部社員との話し合いの様子を勝手に撮影してテレビ番組に提供した「背信行為」を挙げ、書面で来年9月1日付の解除を通知した。

 一方、増田さんは「問題点は本部の指示通り改善してきた。値引き販売を認めるように活動してきたことへの報復としか思えない」と話している。

 セブンは今月5日、値引き販売を不当に制限したとして、公正取引委員会から出された排除措置命令を受け入れたと発表している。


ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 セブンイレブンの本部ってエゲつないなぁ。完全な報復。契約解除については契約内容によるので何ともいえないけど、こんな報復措置を取る本部っていったいナニサマ?

 公正取引委員会の排除命令を受け入れたと言うものの、真意を何ら理解していないのは明らか。しかもこのような契約解除は、他店への見せしめの意味もあるだろう。

 本部は「八王子の店ひとつ無くなったからといって痛くもかゆくもないんだぞ」って言いたいのだろうか。とにかく、こんな高圧的なセブンイレブン、もう看板やCMを見るだけで、ムカムカ嫌悪感を感じることだろう。

 お店の向こうには消費者がいる。消費者が不買運動を起こしたらどうなるか?

 不買運動がもし本格的になったら、善意あるオーナーも苦しい思いをするだろうからそこが悩ましいところだ。

 私は、ひとりでも、セブンイレブン 不買運動をする。ここに宣言したい。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 17:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年06月25日

セブンイレブン 排除命令の報道で 垣間見たマスメディアのお粗末さ

「噂の真相」常連でフリーの経済記者、山岡俊介氏の「アクセス・ジャーナル」の記事、私と同じような論調だったので、ちょと嬉しくなり、執筆。

 山岡氏のブログは有料なので、引用は差し控えるけども、要するに「公的権力が発動しねければ報道しないなら、マスメディアは不要」と切り捨てるような内容。読んで気持ちがスカッとする。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 マスメディアは、セブンイレブンの問題を排除命令があって初めて報じた。厳密にはその方向性にあるという2月の時点で報じているが、いずれにせよ公的権力がなければ、報道できない、その情けなさにはもう、これからはマスメディアに対して何かを期待することは一切よそうと、確信した。

今回の公正取引委員会による排除命令の内容について。

セブン本部は、加盟店のオーナーに値引き販売を認めさせる、というもの。

それだけ。

 大量の食品廃棄についての議論が多いようだけど、それは少し違う。公正取引委員会は、食品の大量廃棄をやめなさいとは、命令していないのだ。

 ところが、マスメディアは一般市民的にウケる「エコ」だの「食品の大量廃棄」だの、社会問題を全面に押し出すことで、自らの責任について完全にカモフラージュしようとしたのは明らか。

 食品の大量廃棄に関しては、当然議論されるべき、とても大事なことだけど、それをいいことにマスメディアは隠れ蓑に利用した。

 一例として読売新聞の社説。6/23日付。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20090622-OYT1T01123.htm

 弁当など日持ちしない食品のコンビニでの販売方法が、変わる可能性が出てきた。

 コンビニ業界最大手のセブン―イレブン・ジャパンに対し、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで排除措置命令を出した。

 傘下の加盟店が、販売期限が近づいためん類や弁当などを値下げ販売することを、セブン―イレブン本部が不当に制限したとし、値下げを認めるよう命令した。

 加盟店にとって廃棄処分とする食品の量を減らし、消費者も割安に購入できるなど、値下げ販売のメリットは大きいが、本部側は推奨価格での販売にこだわった。

 値引きに圧力をかける行為は、コンビニ業界全体で広く行われてきたが、もはや通用しまい。

 セブン―イレブンは公取委の命令を早急に受け入れ、他のコンビニ本部も命令に倣って、値下げ販売を認めるべきである。

 セブン―イレブン本部と加盟店との契約では、弁当などを廃棄する場合、費用を加盟店側が負担することになっている。

 このため、損失を少なくしようと値下げに踏み切る加盟店が出てきた。これに対し本部が、フランチャイズ契約の解除を示唆するなどして、待ったをかけていた。

 見切り販売を容認すると、定価販売している時間帯の売り上げが落ちるうえ、ほかの商品にも値下げが波及する恐れがある、というのが本部側の言い分だ。

 これに対し公取委は、2002年に改定したコンビニ業界に対する指針で、正当な理由なしに値引き販売を制限することは、独禁法が禁じる「優越的地位の乱用」に当たるとし、警告していた。

 その指針にもかかわらず、不当な行為を繰り返していたとして、業界のリーダー的存在のセブン―イレブンに、最初にメスを入れたというわけである。

 流通業界などから出る食品廃棄物については、「処理に費用がかかり、食料自給率向上の観点からも問題だ」と指摘されてきた。

 その通りだろう。捨てられた食品の多くは、ゴミとなって処分場に運ばれ燃やされる。日本は大量の食料を輸入しているが、食べられるのに捨てられる量は、年間500万〜900万トンに及ぶと推計されている。

 国内の年間コメ生産量の約900万トンに比べて、その量の多さがわかるだろう。貴重な食料の無駄を減らす意味からも、値引き販売は認められて当然である。

 なにが「その通りだろう」「当然である」だよ!!
 自らが共犯であることを包み隠して、あたかも正論であるかのように「食品の大量廃棄」という世論を味方につけたような主張。こうなったのは、あんたたちのせいでもあるんだよ。

 読売新聞の広告特集。(前も紹介したけど)ご覧いただきたい。
 「YOL広告特集 セブンーイレブン オーナーへの道」

 コンビニ業界がここまで増長したのは、マスメディアによる加盟店オーナー募集をはじめとする広告宣伝力の賜物ではないかと思うのだ。さらにこのようにウェブ上でも特集をしたりすれば、オーナ志望者のハードルは低くなるというものだ。

 子供の頃、両親から執拗に「新聞を読め!」と言われたものだけど、今、私が親ならこう言う。
「新聞は信用するな」

一体何の情報を信じればいいのだろうか。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(2) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年06月22日

セブンイレブン 本日行政処分(公取委による排除命令)・・・をめぐる3つのポイント

 私のブログでは、セブンイレブンの優越的地位の濫用について何回か記事にしてきた。

2009/02/20「セブンイレブン 公取調査へ-ようやく記事にすることができた大手メディア」

2009/05/29「公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限(1)鈴木敏文王国の「本当のようなウソ」など。過去の記事全部はこちら

 本日、ようやく巨大帝国セブンイレブンに行政処分が下った。
 コンビニ第1店開店から35年。いまは日常には欠かせない、当たり前の存在となった。35年の間にどれだけのオーナーが苦しんだことだろう。

 朝日新聞より引用
http://www.asahi.com/business/update/0622/TKY200906220164.html
セブンイレブンに排除措置命令 見切り販売制限で公取委
2009年6月22日15時5分

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)の本部が、加盟店に対する優越的な地位を乱用し、販売期限の迫った弁当などを加盟店が値引き販売するのを不当に制限したとして、公正取引委員会は22日、同社の独占禁止法違反(不公正な取引方法)を認定し、排除措置命令を出した。

 命令は、同社に対し、今後、加盟店向けに具体的な値引き販売の方法を示す資料などを作ることを求めている。コンビニ各社は、加盟店に値引きをしないよう勧めているケースが多く、影響は業界全体に及びそうだ。

 公取委によると、セブンイレブン側は加盟店に対し、弁当やおにぎり、総菜など鮮度が低下しやすい「デイリー品」を本部が推奨する価格で販売するよう指導。デイリー品の廃棄による損失を減らそうと、販売期限の迫った商品を値引きする「見切り販売」に踏み切った複数の加盟店には、本部の担当者らが「契約解除になる」などと言い、見切り販売を制限していたとされる。


 あらためて、3つの重要な問題を今回も提起したい。
 1)セブンの不正はまだまだたくさんある
 排除命令の文中にある「デイリー商品」とは、主に弁当類を指すものと思われる。わかりやすくいえば今回の排除命令は、値下げ販売の権限は完全にオーナーのものである、と記載しているわけだ。
ところが、今回の内容を見る限り「それだけ」なんである。セブンの優越的濫用はまだまだ沢山ある。たとえば、自分の店に納入されている納品伝票を見せてもらえない点。営業時間を短縮する権利がない点など。この点は今後どうなるのだろう。

 2)なぜセブンだけが排除命令の対象となるのか?
 他のコンビニエンスストアも同様の行為を行っているのは明らかなのに、セブンだけを対象にするのは如何なものだろうか?今回の行政処分によって他社にも抑制効果となると思われるが、やはり、他社も同様に処分対象とするべきではないか。

 3)マスメディアも「共犯」
 コンビニエンスストアの経営に苦しみ、自殺者まで出ているのをずっと前からほとんどのマスメディアは知っていた筈。しかもコンビニエンスストアの経営実態も知っていながら、ろくに報道さえしなかった。何故ならば「コンビニは新聞・雑誌の販路」「優良な広告主」であるからだ。

 いやそればかりか、マスメディアは「コンビニオーナー募集」の広告を率先して掲載してきた。そんなマスメディアがどのような姿勢で報道するのかが興味ある。私の予想では、新聞は5紙すべて掲載。テレビはかなり報道しないのではないかと思う。報道したとしても、ちらっとだけで、「さぁ次にまいりましょう」となるのではないだろうか?

 「セブンイレブンの正体」まだお読みでない方はアマゾンで購入。
セブン‐イレブンの正体
セブン‐イレブンの正体

著:古川 琢也 , 他 価格 1,260円


早速YouTubeにアップされてる。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 17:24 | Comment(3) | TrackBack(3) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年05月29日

公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限(4)恣意的に選択した情報しか報道しないテレビ

 「報道ステーション」で、セブンイレブンの排除命令は放送しなかった。

 あらためて言うけど、朝刊5大紙すべてに掲載されている事だ。にも関わらず完全無視は明らか。

 「報道ステーション」は内容はともかく、それでも他の報道番組よりはマシなほうだと思っていたけど、何かを期待した私が間違っていたようだ。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 テレビは完全無視、新聞は木で鼻をくくったような記事しか書かない。

 私たちはこれだけ情報化が進んだ社会に居ながら、受け取る情報はほんの一部であり、知らされていない情報も多いのではないだろうか。【いったん了】
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限(3)報道に弱腰の腰ぬけマスメディア

何より、どうして今まで報道されなかったのかが大きな問題。
新聞は行政処分が確定的になってからよやく報道した。一部の雑誌を除き、多くのメディアは今まで記事にすることはなかった。流通業界のの中核ともいえるコンビニエンスストアの大きな問題であるにも関わらずである。

なぜか?答えは簡単。2つの理由。
1)優良スポンサー
発行部数の凋落、広告の減少に伴い、新聞広告に出稿してもらえる大事なお客様。
2)販路
定期購読は減少しているため今やコンビニは重要な販路。売ってくれる店を批判しずらいのだろう。

 そればかりか、「店長募集」と謳いフランチャイズオーナーを募集する広告を掲載してきたのは他ならぬ新聞だ。つまりコンビニエンスストアという業態が拡大するとともに、被害が拡大していることを知りながら、オーナーを募集する広告を掲載し続けてきたといえる。

読売の広告特集「セブンーイレブン オーナーへの道」
http://www.yomiuri.co.jp/adv/sejowner/
何をかいわんや、である。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限(2)新聞記事比較

 大手5紙の朝刊を入手。
日経・・・社会面にわりと大きく。日経の扱いの大きさを100とする。
読売・・・社会面。扱い50
朝日・・・1面。扱い100
産経・・・1面。扱い60
毎日・・・社会面。扱い50

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 私は朝、いつも「朝ズバッ!」を見てるんだけど、恒例の各紙の朝刊コーナーにおいて、セブンイレブンの記事はまったく取り上げなかった(私が見てた範囲)。

 大手5紙すべてに記事として掲載されてるのに不自然だな・・・広告収入激減で不況にあえぐテレビ局らしい対応(苦笑)

 ネット記事を比較してみたい。
産経iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/259522/
セブンイレブンに排除命令 「見切り販売」制限を「不当」と認定
 
消費期限の迫った弁当やおにぎりなどをフランチャイズ(FC)の加盟店が値引きして売る「見切り販売」を制限したとして、公正取引委員会は28日、独禁法違反(優越的地位の乱用)で、コンビニエンスストア最大手、セブン−イレブン・ジャパン(東京)に近く排除措置命令を出す方針を固めた。

 FC契約では加盟店が価格を決められるが、公取委は同社が不当に制限していると認定。コンビニでは主流の定価販売のあり方に大きな影響を与えそうだ。
 関係者によると、セブン−イレブン・ジャパンは売れ残った食品を値下げして販売しないよう、不当に制限した疑いが持たれている。FC契約では消費期限の2時間前に店頭から撤去し廃棄する。加盟店は廃棄分の原価を負担し、増えれば増えるほど負担が重くなるとの指摘が出ていた。

 セブン−イレブン・ジャパンは「現在、社内で調査中だが(公取委の調査については)真摯(しんし)に対応している」とコメントしている。


朝日
http://www.asahi.com/national/update/0528/TKY200905280360.html
弁当値引き制限、セブンイレブンに排除命令へ 公取委
2009年5月29日5時57分
 コンビニエンスストア最大手・セブン―イレブン・ジャパン(東京)の本部が、傘下の加盟店に対する優越的な地位を利用し、弁当などの売れ残りを減らすために加盟店が値引き販売するのを不当に制限したとして、公正取引委員会は同社の独占禁止法違反(不公正な取引方法)を認定し、改善を求める排除措置命令を出す方針を固めた。

 関係者によると、同社は、販売期限が迫った弁当や総菜など「デイリー品」を値引きして売る「見切り販売」をしたオーナーらに、「フランチャイズ契約を打ち切る」などとして推奨価格での販売を迫った疑いがある。

 デイリー品の販売価格については本来、加盟店のオーナー側が自由に決められる。しかし、同社側が見切り販売を制限したことにより、弁当などが売れ残り、店側は廃棄処分を迫られている。同社の会計方式では、廃棄した場合の損失は加盟店側が被ることになっている。

 こうした実情に対し、加盟店側が不当に不利益を被っているとみた公取委は昨年10月、同社本部などを調査。加盟店オーナーや同社幹部、社員らからも事情を聴いていた。その結果、公取委は、加盟店に廃棄損を負担させるなど現行の会計方式を維持するなら、見切り販売の制限は独禁法に触れると判断した

 複数の加盟店オーナーらによると、値引きを控える理由について、同社側からは「常に新鮮な商品だけを売っているというイメージが崩れかねない」「競合他店との価格競争に発展しかねない」などと説明を受けたとしている。

 同社の持ち株会社「セブン&アイ・ホールディングス」の28日の株主総会でも、見切り販売に関する質問があり、同社は値引き商品と通常価格の商品が混在する可能性があることから、「値引きは加盟店が判断することだが、24時間営業のコンビニにはなじまない」と答えたとしている。公取委の調査については「真摯(しんし)に対応している」という。(小島寛明)


読売
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090529-OYT1T00127.htm
セブン―イレブンに排除命令へ、値引き販売制限で…公取委
 
コンビニエンスストア最大手「セブン―イレブン・ジャパン」が加盟店に対し、消費期限の近づいた弁当や総菜などの値引き販売を制限したのは、独占禁止法で禁じられている「優越的地位の乱用」に当たるとして、公正取引委員会は同社に、同法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出す方針を固めた。
 同社のフランチャイズ契約では、加盟店は消費期限の切れた弁当などを廃棄する場合、廃棄分の原価を負担しなければならない。このため、加盟店の中には損失を避けようと消費期限が近づいた商品を値引きする動きが出たが、同社本部が値引きしないよう不当に圧力をかけた疑いが持たれており、公取委が昨年10月30日、独禁法違反の疑いで立ち入り検査を行っていた。

 同社は「契約上、値引きの禁止は盛り込んでいない」「値引き販売は24時間、新鮮な商品を販売しているというイメージが損なわれ、好ましくない」などと主張してきたが、公取委は、同社が加盟店に値引き販売をしないよう指導してきたことが「優越的地位の乱用」に当たると判断した。

 コンビニ業界の大半で同社と同様の契約形態がとられており、公取委の排除措置命令が出されれば、コンビニのビジネスの方法が大きく変わる可能性がある。

 セブン―イレブン・ジャパンは「調査中の段階で、コメントは控える」としている。
(2009年5月29日03時05分 読売新聞)


毎日
http://mainichi.jp/life/today/news/20090529k0000m040108000c.html
公取委:セブンイレブンに排除命令へ 見切り販売制限で
 
コンビニ最大手「セブン−イレブンジャパン」(東京都千代田区)が、フランチャイズ(FC)契約を結んだ加盟店に対し、取引上の優越的地位を利用して、消費期限が近づいた弁当やおにぎりを値引きして売る「見切り販売」を不当に制限していたとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出す方針を決めた。

 命令が出れば、全国のコンビニに見切り販売が広がる可能性がある。コンビニ業界内からは、常時の品ぞろえに影響し、安売り競争を誘発しかねないとの反発も出そうだ。

 関係者によると、自由にできる見切り販売を、加盟店の希望に反し同社本部が認めなかった。公取委は同様の違反が起きないよう、改善を求めるとみられる。【苅田伸宏】


いちばん評価したいのは朝日の記事。詳しい。だが一部修正したい。
「廃棄した場合の損失は加盟店側が被ることになっている」ではなく「廃棄した場合の損失は加盟店側が被ることになっているばかりでなく、廃棄からも手数料を取っている」と記載すべきだ。

いちばん、ハァ〜?という記事は毎日。
「コンビニ業界内からは、常時の品ぞろえに影響し、安売り競争を誘発しかねないとの反発も出そうだ。」
この文章の意味がよくわからない。毎日だからいいとしよう(笑)
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限(1)鈴木敏文王国の「本当のようなウソ」

公取委が動いたときも拙ブログで記事にした。
 2009年2月20日の記事「セブンイレブン 公取調査へ-ようやく記事にすることができた大手メディア」

そしていよいよその日が到来した。

日経より引用
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090529AT1G2803U28052009.html
公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限
 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンがフランチャイズチェーン(FC)加盟店への優位な立場を利用し、消費期限の近づいた弁当などの値引き販売を不当に制限したとされる問題で、公正取引委員会は28日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)を認定して同社に排除措置命令を出す方針を固めたもようだ。

 同社の弁明を聞くため、公取委は来週にもこうした処分の方針をまとめた案を事前通知するとみられる。

 命令が正式に出ればコンビニ各店の値引き販売を制限することは許されず、全国一律的な価格を維持してきた業界全体の「慣行」に大きな影響を与えそうだ。(00:54)

 既に多くのオーナーが苦しみ、借金だけを残し廃業に追い込まれ、中には自殺した人もいる。こんな処分、今更遅いとしか言いようがないんだけど、今苦しんでいるオーナーはこれで少しでも救われるのではないだろうか。

 ローソンやファミリーマート、サークルKサンクスなども、同様の事を行っているというが、どうしてセブンだけ標的になるのだろう?最大手を処分することで、同業他社にも効果はあるとは思うが、やはり不公平だと思う。

 前回も紹介した本を今回も紹介したい。
昨年「週刊金曜日」から出された「セブン・イレブンの正体
セブン‐イレブンの正体
セブン‐イレブンの正体

著:古川 琢也 , 他 価格 1,260円

発刊時、そのあたりの書店では買えなかった。セブン・イレブン会長の鈴木敏文氏は大手書籍卸のトーハンの副会長も兼務しており、取扱を拒否。酷い話。(その後撤回)
以下のURLをご覧頂ければ兼務しているのが確認できる。

セブン・イレブン・ジャパン 会社概要
http://www.sej.co.jp/corp/company/gaiyo.html
トーハン 会社データ
http://www.tohan.jp/about/data.html
 フランチャイズオーナーの現状は想像を超えていた。ロスチャージ問題をはじめ、本部の指導に従わない店舗は徹底的に営業妨害をされたり・・・そればかりでなく、不当ピンハネ、使い捨ての取引業者など衝撃の内容。

 今回は弁当の値引き制限に関して独占禁止法違反(不公正な取引方法)による排除命令だけど、取引先に関しても、優越権を濫用しガンガン不公正な取引を強いているのが、この本を読めばわかる。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 09:45 | Comment(1) | TrackBack(1) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年02月20日

セブンイレブン 公取調査へ-ようやく記事にすることができた大手メディア

コンビニエンスストアの悪徳なフランチャイズ商法にようやくメスが!
公正取引委員会が動けば、いままで沈黙することしかできなかった大手メディアも報道できるってわけだ。
自殺など多くの被害者が出てるだけに、遅きに失した感はあるけれど、これで少しでも、現役オーナーが救われる結果となればと願う。

朝日新聞の記事
「セブンイレブン、加盟店の値引きを制限か 公取委が調査」
http://www.asahi.com/national/update/0219/TKY200902190245.html
より引用
--------------------------------------------------------------------------------
TKY200902190296.jpg
(朝日新聞のウェブより引用)

 国内1万2千の加盟店を抱えるコンビニ最大手「セブン―イレブン・ジャパン」(東京)の本部が、傘下の加盟店に対する優越的な地位を利用し、店側が弁当などの売れ残りを減らすため値引き販売しようとするのを不当に制限していた疑いがあるとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)容疑で同社の調査に乗り出したことがわかった。(高田英)
(中略)
 同社の店舗は、フランチャイズ契約を結ぶ加盟店と直営店の2種類。加盟店からの収益が全体の7割を占める。

 弁当など消費期限が来て廃棄した場合、加盟店側はまずその原価を負担する。コンビニ各社がとっている会計方式では、廃棄が出ても、売れた商品の利益にかかるロイヤルティー負担は残るため、結果的に赤字になりかねない。

 複数の関係者によると、複数の加盟店が廃棄される商品の損失を減らす目的で弁当や総菜などを消費期限前に値引き(見切り販売)したところ、同社本部が「フランチャイズ契約を打ち切る」「大変なことになる」などと圧力をかけ制限した疑いがある。 (以下略)
--------------------------------------------------------------------------------

グラフはとてもわかりやすい。いわゆる「ロスチャージ問題」というやつである。
コンビニエンスストアの実態について、こんな話はもうかなり前から問題になっていた事である。しかし何故今まで大手新聞・雑誌社、テレビ局は報道できなかったか。わかるだろうか。
理由は主に2つある。
1)優良スポンサー。テレビ局にとっては、たとえばおでんの時期でもわかるように、広告をガンガン入れてくれる大事なお客様なのだ
2)主要な販路。特に雑誌・新聞は、いまやコンビニエンスストアが重要な販路となっており、出版物の取扱を中止されることへの懸念。
マスメディアの弱腰にはいつもながら呆れるばかりではあるが、公正取引委員会が動いたことで、各社はおおっぴらに報道できる。

昨年「週刊金曜日」から出された「セブン・イレブンの正体」は衝撃的だった。
セブン‐イレブンの正体
セブン‐イレブンの正体

著:古川 琢也 , 他 価格 1,260円

当初そのあたりの書店では買えなかった。セブン・イレブン会長の鈴木敏文氏は大手書籍卸のトーハンの副会長も兼務しており、取扱を拒否したのだ。以下のURLをご覧頂ければ兼務しているのが確認できる。

セブン・イレブン・ジャパン 会社概要
http://www.sej.co.jp/corp/company/gaiyo.html
トーハン 会社データ
http://www.tohan.jp/about/data.html


その後、取扱拒否を撤回したという。だがしかし、この本の社会的影響がトーハンの圧政を乗り越えたともいえる。

フランチャイズ店オーナーが、ロスチャージ問題で大変な苦労を強いられていることは既に知っていたものの、取引業者や運送業者の悲惨な実態は、初めて知ることができた。自ら店へ行き、自社納入商品を購入する「自腹買い」が当たり前のようにおこなわれている点。GPSを利用した運行管理システムにより、急ブレーキなどが減点となるなど、運送業者のドライバーが見張られているなどはたいへん興味深い。
この本を読むと、セブン・イレブン本部とは、ただひたすらに強欲で阿漕な詐欺集団としか思えないのだ。

書店に出回っていないからさぞかし売れてないのではと思えば、さにあらず。私が購入した本は「2009年1月20日 第3刷」となっている。第1刷が「2008年12月10日」だから、もう2回も増刷している。売れてるんだろうな。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
続きを読む
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 08:59 | Comment(3) | TrackBack(7) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年02月19日

ドランケン中川 中川財務大臣の辞任劇に見る、マスメディア(マスコミ)の低水準さ

ドランケン中川(=酔っ払いの意味で勝手にそう言わせて頂く)が、財務相兼金融担当大臣辞任に追い込まれた一番大きな背景は、やはり世論の反発であろう。

世論を代弁するかのように、中川大臣を糾弾するマスメディア各社。もちろんいい。
だが、最近気になるのが、以前から中川氏の不自然な言動は度々あったことだと、輪を掛け報道している姿勢に大疑問。

不自然な行動が以前からあったことは、今回の報道で初めて知った。でも、初めて知ったのは私だけだろうか?

マスメディア各社は、今まで気が付いていたにも関わらず、何故その時に声を大きく報道しなかったのか?

その時に芽を摘んでおけば、世界に醜態を晒すことにはならなかったのではないかと思えてならない。

マスメディアはこぞって「自分たちの役割は権力チェック」と声高に叫ぶ。大いに結構。
だけど、事が起こってから騒ぎ立てるだけというのは、如何なものだろうか。自ら、権力に対するチェック機能はありませんよと、言っているようにしか聞こえないのだ。

IZA!の記事
民主党、「首相の任命責任は重大」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/222952/
首相の任命責任は重大。当然のことだ。
しかし一方で、「マスメディアの報道しなった責任は重大」ではないかと思う
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年01月18日

阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(5)

今日の報道は、どこのメディアも一様に「阪神・淡路大震災から14年が経ち、事実が風化してしまうことへの懸念、そしてご遺族の傷は何年たとうが癒えることはない」という内容で、彼らが好むオナミダ頂戴主義な報道である。それ自体問題はないけど、しかしそれだけでいいのか?

マスメディアはそろそろ緊急時の災害報道について、きちんとした方向性を決めるべきではないだろうか?
多くの人命にかかわることだからこそ、社会的影響の大きいマスメディアは報道に協定を設けるべきだと思うのだ。
誘拐事件では人質の生命が最優先され、報道協定が敷かれることがある。この際はほとんどの場合、警察側が「報道をしない」ことを要請する。

緊急時の災害報道も同様。被災者に最大限の配慮を行い、救助に最善を尽くせるような体制を取ることが、マスメディアの役割ではないだろうか。
たとえば「現場取材は各社1名のみ」「ヘリは一機のみ」「記録映像は各局に公平に配布する」などだ。

識者の間では、阪神・淡路大震災から、地震の活動期に入ったと言われる。毎年一度か二度は、震度5や6クラスの地震があちらこちらで起きている。自然災害のたびにマスメディアの暴走には目に余るものを感じるのは、私だけだろうか?

被災者の数は、どこの局が最新か?など競って何の意味がある?
被災場所に行き、競い合うように、ショックを受けた被災者にマイクを向ける意味がどこにある?
ヘリを飛ばして大きな音を轟かせ、生存者の小さな鼓動を掻き消し救助作業を妨害し何の意味がある?

少なくとも最近の自然災害の報道を見る限りでは、全く学習していないとしか思えないのである。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 01:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(4)

私は自分の生活が決して裕福ではなかったし、4月から社会人となるための準備をしなければならなかったので、10日足らずで去った。

余談ではあるが、その後、前に旅で知り合った知人の誘いもあり、震災で迷子になったペットを保護する施設が三田市にできたと聞き、短期間であるがそこでボランティアをした。その知人は東京から来ていた。いわく「東京では大震災の報道なんて最初のうちだけ。一週間もしないうちに、ほとんど報道されなくなった」との事であった。

そういえばマスコミ関係でいろんな思いもした。いくつか紹介したい。
名前を忘れたが某テレビ局。

ある日、ボランティアをしていた体育館に、テレビ局が取材に訪れた。彼らは何をしたのかというと、
白人の男性がいきなりあらわれ、誰でも自由に入手できる救援物資の菓子パンをいくつか抱えて、体育館の中を歩き、被災者へ渡す。約30分。それで白人男性も局の人もみんな帰った。
で、テレビのニュースでは「外国人も積極的にボランティアに参加している」という内容で放送された。
おかしくないか?

朝日新聞文化部の名刺を渡された。長髪の女性記者であった。
記者「この状況を見て、どう思われますか?」
私「この状況、見てのとおりですよ」
記者「いや、そうじゃなくて・・・」
私「このとおり、見たままですよ」

このやり取りで問題点は何か?わかるだろうか。
彼女は、記事になるような感動的な一言が欲しかったのである。
仕事だから仕方ないが、それにしても天下の朝日新聞の記者とはこの程度のものなのかと呆然。

ある近くの避難所へ行ったときの事。ボランティアの中に交じって一人、読売新聞の記者がいた。いわく「ボランティアの体験取材を書きたい」と。
新聞記者にも味のある人がいるものだと感心したものだ。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(3)

しかし情をかけている場合ではない。ボランティアだ。
課題は多かった。報道されたため救援物資は潤沢にあったものの、他の小学校の体育館などは全然足りていないらしい。周囲にたいする配分はどうするか?
そもそも届いた食料、毛布の類の緊急的なものはどう管理していくか?

私は食料管理と毛布類の管理だけは徹底しようと訴えた。
特に、毛布は欲しいと言われても必ず少しはストックするように。
何故だかわかるだろうか?
体育館は寒いから、みんな一枚でも多く欲しい気持ちはわかる。だけどこれだけの人が不衛生な中で集まっていれば、風邪などの病人が出てもおかしくないからである。

もうひとつの大きな課題。それは、情報の不足であった。
そんな中、毎朝、体育館の入り口に新聞を一束置いてくださる配達店があった。店の名前までは知らないが、その新聞は「毎日新聞」。
本当に有難かった。情報源といえば一部の人が所有しているラジオや、新しく来てくださるボランティア希望の方の話しか無かったのであった。

しかし残念なことに、毎日新聞はあまり読まれることはなく、積まれた場所に山積みのままとなっていた。かくも毎日は人気がないものかと私は驚いた。ちなみにその3日後から届くようになった朝日新聞は、毎日、残ることが無かった。

とても心強かったのは、意外に思うかもしれないが、宗教の力である。様々な宗教の方が、団体でお見えになった。
高野山のどこかのお寺の若い信徒さん、某新興宗教団体の方。無償で来られた多くの方。みんな宗教を広めにやってきたわけじゃない。その一方で、名前は控えるが、ポスターだけ貼って去っていく教団もあった。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年01月17日

阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(2)

武道館はご遺族の方が絶えまなくお見えになり、2〜3日は武道館のどこかで泣き声が途絶えることはなかった。

しかし、悲しみという感情は一切なかった。あえていうなら、感情の存在しない状態。不思議なものだ。感情の扉を閉めたからこそ、粛々と任務に従事できるのだ。

棺桶のフタがきちんと閉まらないものがあった。何故閉まらないかは想像にお任せしたい。

そんな私であったが、持って手が震えるような思いをしたことがある。その棺桶は、とても軽かったのだ。つまり、子供の遺体。

3日目くらいになると、遺体も10体ほどとなった。支援物資が次々と届くようになった。どうやらこの体育館のことが、テレビで大々的に報道されたらしい。
それらを管理する部門が必要となった。
自然と私がその場を仕切るようになり、ボランティアの受付を行うようになった。

それにしても、あらためて体育館の周囲を見渡すと、ひどい状況である。この進んだ社会でありえない風景であった。あらゆる木造家屋は倒壊していた。かろうじて立っている家屋も、安全でないことはわかる。この風景は私は一生、忘れることはできないだろう。危ないのは、折れてむき出しの柱、限りなく散乱する割れた瓦、ガラス片。自分が怪我をするわけにはいかない。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?

阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(1)

最初に言っておくが私は被災者ではない。地震発生3日後にボランティアとして現地へ乗り込んで行った際のことを思い出すままに記載したい。

当時被災状況というのは何も分からず、ボランティアへ行くにもどうやったらいいのかさえ、分からない状況であった。
震災から3日目、京都にいた私は寝袋と衣類と水を詰め込んだ大きなリュックを背負い、ボランティアとして現地へ向かった。もちろん、どこに行くかも決めていないし、現地の地理に詳しいわけでもない。ただひたすらに、西へと向っただけであった。

駅名は失念したが、阪神電車で行ける駅まで行った。そしてどこをどう歩いたかさえも覚えていない。歩いていたら、たまたま見つけた看板が、西宮市立中央体育館であった。日も暮れていたこともあったし、その日はここにしようと決めたのであった。

翌日。
体育館を管理する職員と思われる男性の方がここを今仕切っているときき、その方に従って、まず、行った作業が、「遺体運び」であった。体育館の裏手にある武道館が遺体安置所になっており、身元が判明したご遺体から順に、トラックへ載せるという作業。私がその時見た限りでは、約100くらいの棺桶が置いてあった。
トラックの搬送先は火葬場という。とにかく火葬場が順番待ちになっているので、身元が判明した遺体は、容赦なく順々に運ばれることとなった。

一回に運べる遺体は3体まで。それ以上トラックには載せられない。トラックは一日に5〜6回到着し、そのたびにご遺体を運び出す。人間というのは、かくも重いものなのか?大の大人の男が6人がかりでようやく、運び出すことができる。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:51 | Comment(8) | TrackBack(14) | マスコミの役割ってなんなんだ?

2009年01月15日

書家・俵越山先生の「千の感謝」に深く感銘

昨晩は夜更かしをしてしまった。普段あまりテレビを見ないのに、寝る前に見てたら、関西テレビの深夜番組でやってて思わず見てしまった「千の感謝」。
書家・俵越山先生が全国を訪れ、出会った人々の、普段は言えない「ありがとう」の気持ちを毛書で表現するというもの。千人集まったら本にするという。
俵越山先生?この格好は・・・ああ!越前屋俵太さん!
引退したとの噂であったが、戻ってきてくださりとてもうれしい!

私の大好きな芸人さん。この人の芸風は他の人とは絶対に違う!何か一筋持論があるというか、ただ面白ければいい、という風潮からは一線を画したものを感じていた。「面白い+アルファ」みたいなもの。

私が大学生のころ、関西は深夜番組隆盛のころだった。「探偵・ナイトスクープ」は別格番組だけど、他の探偵とはまったく違うので彼の出番は特に楽しみであった。
特に好きだったのは「モーレツ科学教室」。トンチ博士とポンチ君(俵太さん)が面白おかしく科学の実験をし、科学の面白さを伝えるというもの。

「千の感謝」はまさに俵太さんらしい番組。
昨晩の放送は天橋立や伊根町の舟屋集落などを訪ねる内容であった。圧巻は、小学校で授業を変更させ、生徒も先生も全員体育館に集まって、それぞれの「ありがとう」を毛書。書いてるときの子供たちの顔はとても生き生きしてたし、先生も生徒も関係なく、みんなとても楽しそう。
最高の授業だったに違いない。

こういう番組を、もっともっとやってくれたら、テレビ見るんだけどな。
公式ホームページ http://www.tawaras.com/
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミの役割ってなんなんだ?