2009年02月12日

まさか演奏中に、乾杯が始まるとは・・・オーケストラの動画(シュニトケ作曲「ゴーゴリ組曲」)

いきなり乾杯。クラシックのコンサートの演奏中に、演奏者が!

再生どうぞ。音は小さいので聴きたい人はPCのボリューム上げたほうがいいかも

この曲はシュニトケ作曲「ゴーゴリ組曲」の一部なんだけど、
最初に管楽器パートの一部が乾杯をする。その後チェロの最前列の人が立ち上がり、ピアノの横へ歩いてきたかと思えば、おもむろに瓶を取りだし何かをコップに注ぎ出す・・・

そしてピアニストがコップを受け取り、コップを合わせ乾杯!その間はドラムロールが鳴りっぱなしで、ピアニストが飲み終わるのを待っている・・・
ついにヴァイオリンの最前列者(コンマス?)まで立ち上がり、チェリスト、ピアニスト、ヴァイオリニストの三人で乾杯・・・

2台ピアノ演奏。こちらの演奏は、「ゴーゴリ組曲」の冒頭部。ピアノだけに不協和音とかもよく聞こえてとても面白い。そして、どこかで聴いたことのある、あの運命的なメロディが(笑)

そもそもこんな風に、パロディな音遊びをするような作品だから、
演奏中に乾杯しなさいと、楽譜に記載されているのかもしれないなどと、思ったりするのだが・・・いくらなんでもそれはまさかね。

ゴーゴリ組曲のCDは、店頭ではすでに入手困難
シュニトケ:ゴーゴリ組曲 他 [Import]

シュニトケ:ゴーゴリ組曲 他 [Import]
レフ・マルキス指揮/マルメ交響楽団(BIS-CD-557)
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年02月04日

カザルスホール閉館の衝撃 日本のクラシックの未来やいかに

産経IZA!より引用
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/219028/
---------------------------------------------------------------------------------------
日本大学カザルスホール、来年春に閉館へ
 室内楽専用ホールとして、クラシック音楽ファンに親しまれた日本大学カザルスホール(東京都千代田区)が平成22年3月で閉館することが4日、日本大から発表された。

 同大によると、ホールを含むキャンパスの敷地が再開発の対象となっているが、詳細な計画は決まっていない。

 同ホールは出版社の主婦の友社が建設し、昭和62年に名チェリストのパブロ・カザルスの名を冠して開館。平成9年には本格的なパイプオルガンを設置して人気を集めた。14年には、不動産投資などで経営難に陥った主婦の友社が日本大に売却していた。
---------------------------------------------------------------------------------------

大きな衝撃。
国内でもっとも良い室内楽ホールの代表的な存在「カザルスホール」。

歴史的なチェリスト、パブロ・カザルスの名称が冠される、日本国内では最も重要なクラシックの演奏会場のひとつであることに異論はないだろう。
私は東京に居たころ結局、カザルスホールへ行く機会はなかったのが、たいへん悔やまれる。

私は以前から、この100年に一度と言われる不況の波が、クラシックの演奏家に対し、たいへん大きな影響を及ぼすのではないかと心配していた。景気が悪化して、いちばん困る層のひとつではないかと。

以前はクラシックコンサートといえば、スポンサーは普通に存在した。企業としてもイメージがいいし、文化事業への投資はひとつのステイタスでもあったのだ。スポンサー用の招待券を顧客に配布しご招待。典雅な時代はもう、今は昔。

世界的なコンクールで名を馳せたような、知名度の高い演奏家はまだいいかもしれない。今成長中で、これからの活躍が期待される層。ココが今いちばんキツいのではないかと思う。

「カザルスホールのような立派なホールで演奏できるような演奏家になりたい」と志す人も多かったのではないか。

次の時代でイイ音楽をどんどん演奏して楽しませてくれる演奏家たちでもある。この層を成長させる構造がなければ、日本のクラシック音楽の未来は明るいとはいえないと、思う。

カザルスホール、調べたところ1987年に設立されたという。バブル景気に湧いた時代。もしかすると、カザルスホールというのは、クラシック音楽の世界において、バブル景気に狂った建造物の象徴だったのかもしれない。

カザルスホールが無くなるのはクラシック音楽の世界で大きな痛手となることには違いない。どこかが買収するとか、そういう方法はないのだろうか?

YAMAHAやKAWAIなどの音楽系企業と、音大系には期待したいが無理だろうか?
未来の演奏家を育てていくのが、彼らの仕事であると思うのだ。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(2) | クラシック音楽

2009年02月02日

ラフマニノフのヴォカリーズをテルミンで聴く

 テルミン(テレミン/Theremin)という楽器はご存じだろうか。実は最近、聴いててクセになりそうな楽器なのだ。

 映画「テルミン」も見てないし、「のだめカンタービレ」で出てきたことも知らない。そのずっと前から、例えばテレビ番組とかを通して、聴いてた楽器の音色。

 世界で初めて作られた電子楽器。え?電子楽器じゃダメじゃない。クラシック音楽のキホンは、アコースティックだよ!そんな固定概念も手伝い、当時はそんなにいいとは思わなかった。

 ところが最近、この音を聴くと妙に癒されるのだ。チェロにも似ているし人間の声にも近い。

 テルミン弾きとして知られた、ロックモアさんの演奏を2つ。
ラフマニノフの歌曲「ヴォカリーズ」

 最後の「アアアアーアアー」の所(わからないか)などは、なんだか今まで聴いたヴォカリーズとは全く違う、独特な感動をもたらしてくれるので却って新鮮な気持ちになれる。

 ラフマニノフの歌曲「歌うな、美しい女よ 私の前で」作品4-4(動画の中では「グルジアの歌」と紹介されている)
実際の演奏風景が見られる

 ラフマニノフの作品の中でも「知られざる傑作」だと思っている。よくぞ演奏してくれたと思う。

 テルミンという楽器は演奏風景を見てのとおり、アップテンポな曲の演奏には不向きではないかと思われる。よって「歌うな、美しい人よ 私の前で」は、伸びのある楽想がテルミンにはとても合っていると、実に納得。

 この2曲が収録されたロックモアのCD。もちろん私はコレを聴いている。それにしてもジャケットのデザイン、もう少し何とかならないのか〜?
The Art Of The Theremin
The Art Of The Theremin
作曲:Joseph Achron , 他
価格:1,373円
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月26日

モーツァルトの未発表曲を初披露 200年以上の時を経て奏でられる感動 YouTube付き

mozart_new_score.jpg

 先日、モーツァルトの未発表作品の自筆譜が発見されたとの報道。

 どのような状態で何歳くらいの作品かという点について、今ひとつ情報がないのでよくわからないが・・・専門家が自筆だって言うなら信じるしかない。いや、心のどこかでそうに違いないと確信したい気持ちが強い。

 今、目をモニタに近づけたひと。気持ちはわかる。せめて譜面からメロディラインだけでもわかるかもしれない・・・と思ったんでしょう!

演奏、聴きたい・・・

 いや私だけでなく、クラシックファンなら誰でも思うのではないだろうか。

 どんなモーツァルト・コレクターでさえも、絶対に聴いたことのない曲。そして、200年以上の時を経て、この世で初めて奏でられる作曲者の思い。
実に感動的。

 と思っていた矢先、なんと、ナントでもう演奏されたって!

仏ナントでモーツァルトの未発表曲を初披露
(ロイターの記事を抜粋)
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-36045720090123

--------------------------------------------------------------------------------------
 [パリ 22日 ロイター] オーストリアの作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの未発表だった楽曲の一部が22日、仏西部のナント市で演奏された。同曲の楽譜は数年間にわたり同市立図書館に保管されていた。

 2分未満の曲を2つ組み合わせた曲は、バロック合奏団「ストラディバリア」の音楽監督であるダニエル・キュイエ氏が、バイオリンによる演奏で報道陣や友人に披露した。

 1ページだけの楽譜は、19世紀末に個人収集家によって同市立図書館に寄贈されたが、複写されたものだとみられていた。しかし、2007年にザルツブルクにあるモーツァルテウム音楽大学のウルリヒ・ライジンガー氏によって直筆のオリジナルであることが判明。同氏は、楽譜が競売にかけられた場合、20万ユーロ(約2310万円)の値が付く可能性があるとしていた。
--------------------------------------------------------------------------------------


 で、この演奏の様子、YouTube 探したらやっぱりあった。ほんの一部しか聴けないのがくやしいけど


≪追記≫
もっとキチント聴くことができるサイトを発見。
英国BBCテレビの動画。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/arts_and_culture/7845752.stm
モーツァルト作曲:ミサ曲「クレド」
正真正銘の"世界初演"
だが・・・正直、微妙(笑)
現代曲のようにも聞こえる。とは思いつつも、やっぱりうれしい。

天国のモーツァルトは、何思う?
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月21日

OTTAVAがきっかけで知ることになった曲 シベリウス作曲「樅の木」

 OTTAVA(オッターヴァ)とは、TBSの関連会社がやっているクラシック専門のインターネット・ラジオチャンネル。
 本来はデジタルラジオ(地上デジタル放送のラジオ版)が開始されるにあたって始まった番組であり、インターネット放送は「主」ではなく「副」のような役割であった。

 それがいまではインターネットによる聴収のほうが断然多く、すっかりインターネットラジオのチャンネルとして定着してきた。

 かく言う私は、デジタルラジオでクラシック番組が流れるということを知るやいなや、デジタルラジオ対応携帯電話に機種(ソニエリ W44S)変更をしたほどだ。

 しかし結局、うまく受信できないため、携帯電話での受信はあきらめた。
 そんなドタバタからもうすぐ2年。

 私見ではあるが、コンピレーション・アルバムを出したりと、とにかく一定の成果があり、大成功までいかなくても、成功といえるのではないだろうか?
 いつでもクラシックを無料で聴くことができる、社会貢献性はとてつもなく大きいと思ってる。

 私は他の人より少しは多く、クラシック音楽に接してきたつもりだけど、OTTAVAがきっかけで知ることになったり、理解を深めたりした曲もいくつかある。

シベリウス作曲 「樅の木」(5つの樹木の組曲 作品75-5)
少ない音の数でつぶやくような、ささやくような旋律。息苦しいほど切ない気持になる。そして、アルペジオ。聴き手は、アルペジオの中に、思わず切ない旋律を見つけようという気持ちになってしまう。

 いい音楽を知ることは、それだけでなんだか少し、豊かな気持ちになったような気がする。

YOUTUBE で


 舘野泉「村の教会 シベリウス:ピアノ名曲集」第6曲目に「樅の木」
村の教会 シベリウス:ピアノ名曲集
村の教会 シベリウス:ピアノ名曲集

演奏:舘野泉
参考価格:1,165円


 YouTubeの映像を見る限りでは、この曲ってそんなに演奏技術は高くないような気がする。しかし、感情を思いっきり表現できる場面が多々あり、表現力がおおいに要求されるのではないだろうか?と思ったりする。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月14日

ラフマニの手は いかに大きかったか

 昨年はラフマニノフを題材にした映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」でラフマニノフ・ブームになるかと思いきや、全然ならなかった。邦題がちょっと大げさではなかったのかなと思う。そのまま和訳すれば「ライラックの小枝」というタイトルとの事であった。

 タイトルにわざわざ作曲家の名前を入れてるし、たぶん「ライラックの小枝」なんて言われてもピンと来ないから変えたのだろうと思うが、こんなに変わるのも珍しい。私は「ライラックの小枝」という文字は残したほうがよかったのではと思ったりする。

 その映画では、主に若い頃の出来事に大きく時間を取っていた。彼の出世作は「前奏曲 作品3-2」であることに異論はないだろう。若いころ作曲家として大きく前進する契機となった記念すべき曲なのに、映画の中ではほとんど扱われれいなかったのが残念。

 「前奏曲 作品3-2」は「鐘」というタイトルが付されることもよくある。
 YouTubeで面白い動画を発見したので紹介したい。非常に有名な動画なんだそう。
 ラフマニノフの手はいかに大きかったか?を実証している映像。

 木製の棒には凹凸が付けてあって、その棒を使えば、和音が一度に出せる、というコミカルな"迷演奏"。実に面白いしわかりやすい。

 「前奏曲 作品3-2」はかっこいいし演奏機会も多いし人気作品。ピアニストのアンコールとして演奏されることも非常に多い。

 アレクシス・ワイセンベルクの録音を紹介。
ラフマニノフ:前奏曲全集
ラフマニノフ:前奏曲全集
演奏:ワイセンベルク(アレクシス)
価格:1,502円

昨年ジャケットも改め再リリース。手元にあるものと同一録音と思われる。この録音は1968-69年のもの。ワイセンベルクという人はこの頃までが演奏活動期であり、近況はあまり良く知られていない。死亡という話を聞かないので、存命ではないかと思われるが、謎が多い。
胸のすくような演奏。隙を見せない高い演奏技術と強いピアニズム。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月12日

「愛・革命」。滝沢秀明の作詞作曲・・・ショパン「革命エチュード」

 まさかこのブログでジャニーズタレントの記事を書くとは思いもしなかった・・・・あまり詳しくないので記事内容間違ってたら先にゴメンと言っておく。
 滝沢秀明「愛・革命」
 ショパン作曲「革命エチュード」を使用しているのだ。
 クラシックを題材にしたJ-POPで最近有名になったのは平原綾香の「ジュピター」。しかし「ジュピター」のマネかというとそういうのではなく、メロディラインは殆ど独自性のものだし、テイストとして「革命エチュード」を使っている。実に絶妙なクロスオーバーだと思った。
 作詞作曲はともに滝沢クンだそうだ。編曲はおそらく別の人が行ったのではと思われるが、なかなかの仕上がりだと思うのだ。


CD.
愛・革命(DVD付 B)【初回限定盤】
愛・革命(DVD付 B)【初回限定盤】
その他:滝沢秀明 , 他
1,467円


 「革命エチュード」の本物


 ポリーニによる演奏のCD。
ショパン:12の練習曲 作品10/作品25
ショパン:12の練習曲 作品10/作品25
演奏:ポリーニ(マウリツィオ)
価格:1,743円


 「革命のエチュード」といえばドラマで大きな話題となったことがある。そう。「少女に何が起こったか」で、ピアニストの卵である主人公に課せられた課題曲のひとつであった。ドラマの中で反復し使われたため、当時かなり大きな話題となった。

 調べてみると、滝沢クンが生まれたのは1982年。「少女に〜」が放映されたのは1985年。覚えているとは考えにくい。再放送を見た程度のことはあるかもしれない。

 同じジャニーズの「KAT-TUN」亀梨クンならこのドラマをよくご存じかもしれない(笑
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

「展覧会の絵」オーケストラ&ピアノ は実に得得な一枚なのだ

 「展覧会の絵」は、言うまでもなく、たいへんよく知られた名曲である。その作曲家はムソルグスキーという人であることもよく知られている。

 かならずラヴェルさんという人がオーケストラに編曲したことが書いてあることも、よく知られている。元はピアノ曲だったということも、わりとよく知られている。

 だけど、そのピアノ曲を聴いたことがあるという人は既に、クラシック・ビギナーの領域を超えた人たちの世界ではないだろうか。

 原曲のピアノ演奏を聴くと、ラヴェルがどのようにオーケストラに編曲したのか、とか比較してみるのは実に楽しいものだ。ココは端折ってる、ココはクレッシェンドしてない、とか工夫の形跡があちらこちらにあるのがわかる。ピアノ曲としてもたいへん魅力のある作品だし、一度聴き比べをしてみてはいかがだろうか?

 一枚で比較できるCDが廉価で発売されているので紹介。発売されたのは 2006/11/8 だけどまだ在庫あり。
ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版)
ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版)

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団) ラザール・ベルマン
価格:887円


 有名なカラヤンの「展覧会の絵」。そして天才ヴィルトゥオーゾ・ベルマンのピアノソロ演奏。どちらもすばらしいと言い切れる濃厚な内容。あまりにも贅沢な一枚と言っても過言ではない。

 ベルマンの録音は、私のアーカイブには2種類存在するのだけど、このCDはどちらの演奏が収録されているのか気になる。両方ともすばらしい演奏だけど、気になるのは、いずれでもない、違う音源かもしれない点。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月07日

キラールを もう一つ ピアノ協奏曲

 上映が始まった映画「アンダーカヴァー」の音楽監督が、ヴォイチェフ・キラール。今度はどんな曲なのだろう。

 映画「戦場のピアニスト」のサントラ盤にキラールが作曲した曲が1曲あるのだけど、その曲は正直なところ、あまり良いとは思えなかった。しかし映画「ドラキュラ」のサントラは逆にかなり良い。

 最近はキラール作曲「ピアノ協奏曲」が私のお気に入り。
○第一楽章
静かに、美しい。短くピアノが三拍子(スコア見てないからわからないけど)を刻む様がまるでガラス細工のような繊細さを保ちながらクレッシェンド。メロディらしいメロディもないのだけど、心にすっと染みていく不思議な感覚。キラールの作品いくつか聴いた中でも、このような性格を持つものは他に聴いたことがない。

○第二楽章
クセのないのびやかなラルゴ。まるでロマン派。スピード感のある第三楽章を際立たせている。

○第三楽章
強いインパクト。激しい情動。「Toccata Vivacissimo」。トッカータでとても早く、という意味。後半でははジャズテンポでピアノを鳴らしたりする場面もある聴きごたえのある楽章。

 第三楽章のみYouTubeにあった。
 このピアノ演奏は若手ピアニストの筆頭株、ペーテル・ヤブロンスキー(Peter Jablonski)。


 キラール「ピアノ協奏曲」今買えるCDはコレしかない。

<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月05日

キラール作曲「ORAWA」の演奏機会が少しずつ上昇しているような ここ最近

ヴォイチェフ・キラール(キラル/Wojciech Kilar)というポーランドの現代音楽の作曲家はご存じだろうか。前回もご紹介をしているが再度。
最近では映画「戦場のピアニスト」の音楽監督を務めたことで知られている。映画音楽は多く手がけている。
ポーランドという国は、素晴らしい現代音楽の作曲家を何人も輩出しているスゴい国である。クセナキス、ルトスワフスキ(発音時舌噛まないように)、ペンデレツキ、グレツキ、キラール・・・それぞれが独自性あふれる、秀逸な作品を残した名匠ばかりだ。私は個人的に最近パヌフニクという作曲家の作品を聴いたりしている。

少しずつではあるけど、キラール作曲「ORAWA(オラヴァ)」の演奏機会が、最近増えているような気がするのは気のせいだろうか?
YouTubeでも、以前はこんなに多く投稿はなかったのに、少しずつではあるが増えている。世界的な水準で「ORAWA」の評価が高まっているのではないか?と思うのだ。
たとえば以下の動画。前はこんなのなかったぞ。しかもこれ、「Hey!」が付いている。

「Hey!」というのは、ORAWAの演奏は最後に全員で「Hey!」と叫ぶことになっているのだ。楽譜にも記載されているとの事である。いくつかCDがあるんだけど、「Hey!」と叫んでいないものも多数見受けられる。
聴いていただければおわかりのとおり、実に分かりやすい曲。弦楽器の音色を実にうまく引き出している。同じフレーズが繰り返し演奏されクレッシェンドする様は、管弦楽曲「出エジプト記」や「ピアノ協奏曲」でも見られる、キラールの特徴なのかもしれない。私は現代音楽の中でも傑作中の傑作であると思っている。

「ORAWA」とはポーランドの国境近くにあるのどかな田舎町の地名。
http://flickr.com/search/?q=orawa%20poland&w=all&s=int&referer_searched=1

昨年は山形交響楽団で演奏されたらしい。
今年は、東京交響楽団で演奏される予定となっている。
11/14 東京オペラシティコンサートホール
11/15 ミューザ川崎シンフォニーホール
行きたいな・・・

とりあえずCDで我慢。だけど「ORAWA」を聴くことが可能なCDで、今買えるのはコレしかない。しかも「通常1~2か月以内に発送します」だから入手できるかどうかのギリギリだろう。以前はそんな表示ではなかったのに。

価格:1,101円
※この演奏は「Hey!」付き。


続きを読む
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

東急ジルベスターコンサートで荒川静香さんの演技が見られたらしい

 東急ジルベスターコンサートの放送を見ることができなかったことは前回記事にした。放送しているテレビ局の電波を受信できる環境ではなかったからである。

 ガーシュイン作曲「ラプソディ・イン・ブルー」に合わせて、トリノ五輪キンメダリストの荒川静香さんが同時に大阪のスケートリンクで演技をしていたと知り二重ショック。
 知っていればリンクまで行ったのに!生イナバウアーを見ることができたのにとくやしい。

 ラプソディ・イン・ブルーに合わせて、どのように滑ったのだろう。

 荒川静香さんの金メダルのおかげで、クラシックの名曲が一曲、大きく世の中に知れ渡ることとなった。そう。プッチーニ作曲「誰も寝てはならぬ(オペラ「トゥーランドット」より)」だ。曲は知っているけど名前までは・・・という人が多かった同曲だけど、名前までしっかり記憶に残ったのではないだろうか。

 それまで全く縁もゆかりもなかった2種類のキーワード群「プッチーニ」「トゥーランドット」「誰も寝てはならぬ」と「金メダル」「イナバウアー」「荒川静香」が密接に結びついて、記憶に残ってしまったのである。あの曲を聴けば、荒川静香さんのことを思い出す、荒川静香さんといえば「誰も寝てはならぬ」でしょ という感じである。

 今季はその再現ともいうべき、浅田真央選手のハチャトゥリアン「仮面舞踏会」ブームである。

 その昔、1992年アルベールビル五輪で伊藤みどりさんが、トリプル・アクセルを決めて、日本女子フィギュアで初メダルとなる銀メダルを獲得したときの使用曲は、ラフマニノフ作曲 ピアノ協奏曲である(第1番と第2番を編集したもの)。

 個人的には、好きな曲のひとつだったし、鮮烈な印象を持っている。しかしこのときは、とりわけラフマニノフのピアノ協奏曲が目立ってブームになったという記憶がない。

 17年が経過し、それだけクラシック音楽が多くの人にとって身近な存在になってきたのではないかと推測している。

 今季、上位にランクインする各選手が使用している曲がバランスよく収録されているフィギュアスケートCDがコレ。
フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’08’09
フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’08’09
価格:2,500円

≪収録内容≫
1. 月の光(ドビュッシー)
2. 「仮面舞踏会」より、ワルツ(ハチャトゥリアン)
3. 「シェエラザード」(リムスキー=コルサコフ)より、若き王子と王女(抜粋)
4. 「シェエラザード」(リムスキー=コルサコフ)より、バグダッドの祭り(抜粋)
5. タンゴ「ポル・ウナ・カベーサ」
6. 死の舞踏(サン=サーンス)
7. ボレロ(後半抜粋)(ラヴェル)
8. ラプソディ・イン・ブルー(後半抜粋)(ガーシュウィン)
9. eye(coba)
10. 「馬あぶ」よりロマンス(ショスタコーヴィチ)
11. ワルソー・コンチェルト(抜粋)(アディンセル)
12. リベルタンゴ(ピアソラ)
13. 「月光」(ベートーヴェン)より、第1楽章(抜粋)
14. 「月光」(ベートーヴェン)より、3楽章(抜粋)
15. タンゴ「ブエノスアイレスの秋」(ピアソラ)
16. サマータイム(ガーシュウィン)
17. 秋によせて〔オトナール〕(ラウル・ディ・ブラシオ
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月02日

「相棒」 本日のSPドラマ使用曲「ノクターン(遺作)」「グノシエンヌ第1番」「間奏曲(カヴァレリア・ルスティカーナ)」

 「相棒」2時間半スペシャル。面白かった。
 エコロジーを題材とした点、とても感銘を受けた。興味深い今日の相棒。
 最初に小野田官房室長がエコバッグを取り出し、「今の時代はエコと名前がつけば、売れるんですねー」と杉下右京へ話をした。

 塩ビ製の買物袋をなくし、エコバッグを推進しようとする背景には、様々な商業的な思惑があることは、ちょっとエコのことを調べた人ならご存じかと思う。

 ところで、SP版ということで多くのクラシック音楽が登場した。
印象的なシーンで用いられた3曲をピックアップ。

■ショパン作曲 ノクターン 遺作
ショパンのノクターンでも特にこの曲が好きという人は多いだろう。ショパンの作品の中でも最も悲壮感あふれる作品のひとつ。


■サティ作曲 グノシエンヌ 第1番
エリック・サティ作曲のピアノ曲は「ジムノペディ」の3曲と「グノシエンヌ」3曲はとても有名。演奏も平易。
グノシエンヌは3曲とも このように憂いを含んだ気まぐれな印象の作品。


■マスカーニ作曲 間奏曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」より
映画「ゴッドファーザーPARTIII」で使用されたことがきっかけでブレイク。
癒しのやさしいイメージは多くの人を魅了してやまない。
ドラマではラストのシーン、瀬田法務大臣が、弁護士時代のことを話しする場面で使われていた。実に効果的。


 「悲壮感」次は「憂い」そして最後は「癒し」というわけだ。あらためてクラシック音楽の使い方が素晴らしいと思う。

 先日リリースされた「相棒 Classical Collection=杉下右京 愛好クラシック作品集=」には収録されていない。

<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年01月01日

東急ジルベスターコンサートの放送を見逃す!

 「東急ジルベスター(=大みそか)コンサート」のテレビ放送を見ることができなかったのが残念。

 23:45頃よりカウントダウンの演奏が始まり、その曲がフィニッシュするのと同時に、0:00を迎えようというものだ。毎年ハラハラしながら、もう最後の1分は、演奏がすばらしいとかそういうのよりも0:00にピッタリ合うのだろうかとヒヤヒヤしながら聴くという、それはとても楽しい演奏会なのだ。テレビではその模様を生放送している。

 東京に居たころはこのコンサートのチケットを2年連続で取ることができなかった。それほど人気のあるコンサートなのである。
関西に戻った今、せめてテレビ放映だけでも見ようと思っていたのに、放送しているテレビ大阪、ここは完全に受信できない・・・
今回のカウントダウン曲は私の大好きな「ラプソディ・イン・ブルー」だっただけによけいに悔しい。

 東京から神戸へ来て驚いた事。プロレスリング・ノアの番組が見られないので大きな衝撃を受けたが(ノアの地上波放送は、首都圏でも本年3月までらしい)そのことに匹敵するショックであった。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | クラシック音楽

2008年12月31日

年始はなぜ、ウインナーワルツなのか? ラデツキー行進曲とか

以前、年末はなぜ「第九」なのかという記事を書いた。

今回は、年始はなぜ、ウインナーワルツなのか?について考察したい。
年明けはウィンナー・ワルツの演奏機会が多い。確かに、年初早々から、名曲とはいえ、ブルックナーやマーラーのドラマティックで壮大な交響曲を聴きたいという人は多くないだろう。
しかし、ウインナーワルツばかりで充満されてしまうのも、個人的には如何なものかと思うのだ。それにしてもなぜだろう。

前回同様、ウインナーワルツの演奏回数を調べてみた。
「ぶらあぼ」でウインナーワルツ演奏会の代表的な曲として、ヨハン・シュトラウスI世作曲の「ラデツキー行進曲」(※ワルツ=3拍子ではない)で検索。
2008年03月  0件
2008年04月  0件
2008年05月  0件
2008年06月  0件
2008年07月  0件
2008年08月  0件
2008年09月  2件
2008年10月  2件
2008年11月  0件
2008年12月  0件
2009年01月 29件
2009年02月  0件

如何だろうか。第九の極端さも凄いと思ったが、ラデツキー行進曲はもっと極端だったのは驚きである。アンコール演奏が多いのでプログラムとして記載さていないケースもあることから、実際はもっと極端ではないかと思われる。
なお上記の9月と10月は同じ楽団が演奏しているのである。

ヨハン・シュトラウスII世作曲の「美しく青きドナウ」ではどうだろうか
2008年03月  3件
2008年04月  0件
2008年05月  4件
2008年06月  2件
2008年07月  9件
2008年08月  1件
2008年09月  3件
2008年10月  2件
2008年11月  4件
2008年12月  2件
2009年01月 72件
2009年02月 13件

やはり、同様の結果であった。

「ラデツキー行進曲」はウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでの定番。特にこの曲は観客は最後の演奏となり、演奏中手拍子をするのが恒例で、それをそのまま日本でも行っているものと思われる。しかし私が知りたいのは、何故、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで定番となったのかということである。

同じウィーンだから?

年明けは私もテレビ見、手拍子をしながら悩むのだろうか(笑)
しかも曲の途中で旋律が変わる際、手拍子が小さくなり、冒頭の旋律に戻ると勢いよく手拍子が再開される。あれも面白いと思う。

昨年のウィーン・フィルのニューイヤーコンサートのCD(2枚組)
ニューイヤー・コンサート2008
ニューイヤー・コンサート2008
指揮:ジョルジュ・プレートル/ウィーン・フィル
価格:2,699円
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2008年12月29日

第九で思い出す。 戦争と第九を扱った一回限りのあのドラマ

たぶん10年前か15年前だったと思う。
8月15日の特別ドラマ。タイトルも民放テレビ局の名前も忘れた。
終戦日の特別番組としてやっていたドラマを今も忘れることができないでいる。
あらすじはこうである。

ある上品なレストランで、老婦人が小学生低学年くらいの孫娘に向かって太平洋戦争の話をし始める場面から、当時の話が始まる。。。

戦時中の旧帝国大学。数々の仲間の元に召集令状が届く中で、学生たちは自分たちさえどうなるかわからない状況であった。記念になることをひとつやろうと男子学生の主人公が提案した。それは、同盟国であるドイツの作曲家、ベートーヴェンの交響曲第九番を演奏し、皆で合唱することであった。
しかし当時はモノもなく何もない中で進めなければなかったため困難を極めた。合唱団は女学校の学生が快諾、オーケストラは夏の演奏のため第3楽章と第4楽章だけの演奏という条件で、なんとか実現を果たすこととなった。
やがて主人公は合唱団のリーダーの女の子と恋仲に。戦争が終わったら必ず結婚しようと彼女と誓い合う。
演奏会当日。会場である講堂は狭く、熱気で耐えられないので四方に大きな氷柱を立てた。演奏会は始まり、大成功を収めた。
その後主人公の元にとうとう、赤い紙の召集令状が届いた・・・

戦争が終わり、焼け野原となった町。彼女のもとに、主人公の戦死の知らせが届く・・・

その彼女=老婦人 という設定。
第九「歓喜の歌」と戦争。そのむごいコントラストが、とても印象に残ったドラマで、今でも忘れられない。NHKじゃなかったように思う。
実話を元に作成されたドラマ、とのクレジットがあったのでネットで調べてみたら、見つかった。
「国立の達人:国立音楽大学」の「3、それでも音楽を捨てなかった生徒達」の後半。失礼ながら転載させて頂く。

 ――実はもう一つ、戦時中のエピソードがある。

 1944年、夏。前年から理系以外の学生に対する徴兵猶予は停止され、多くの若者が戦地に送られていた。東京帝国大学(現東大)法学部では、また新たに学生を送り出すにあたり、日本交響楽団(現NHK交響楽団)を招いての壮行会を開くことを計画した。演奏曲目は、「第九」。 娯楽と言えばクラシック音楽ぐらいしか残されていなかった時代にあって、「第九」の人気は絶大だった。そしてその“核”とも言える合唱に、音楽学院の生徒が呼ばれたのだった。

 合唱といっても、そう易々とできるものではない。 生徒たちは慢性的な栄養不足であり、暑さの中では体力も続かない。まして「第九」は体力の消耗が激しいので、演奏中に倒れてしまう恐れもある。 「『第九』は勘弁してくれ」、と一度は断わりを入れていた。しかし、「戦争には勝てそうもない。せめて至高の名曲『第九』を聴いてから…」という出陣学徒の強い要望を受け、「第九」の演奏が了承されたのだった。

 奇しくも、広島に原爆が投下されるちょうど1年前にあたる8月6日の昼下がり、壮行会は開催された。会場となった東京帝大の25番教室は超満員な上に、入りきれない学生が教室の外に何重にも列をなしていたという。戦場に向かう学生のために1分間の黙とうがささげられた後、法学部長の挨拶があり、そしていよいよ「第九」の演奏が巡って来た。

 そこで突然、空襲警報が鳴り出す。 狼狽する教室内に、上空を飛び去るB29の騒音がこだました。幸い、すぐに警報は鳴り止んだ。 水を打ったような静寂が訪れた後、静かに「第九」の演奏が始まった。 そして合唱。ほぼ全員が参加した音楽学院の合唱団は、押しつぶされそうな混み様の中で、精一杯に声を張り上げた。「これが最後の『第九』になる人もいるかもしれない…」。 歌いながら涙をこぼす女学生の姿も多く見られた。聴く側の出陣学徒たちも、同じ気持ちだったに違いない。 演奏終了後、普通ならば拍手が起こるはずの会場内は、しばらくの間静まり返っていたという。その沈黙こそが、彼らの全ての思いを表していたのかもしれない。「その悲壮な雰囲気は、今でも瞳を閉じると鮮明によみがえってきます」とあるOGは語っている。

この逸話以外にも、東京音楽学校(東京芸術大学音楽部)による学徒出陣の壮行会を12月に開催した等、第九と日本と戦争の接点はいくつか見受けられることがわかった。

年末になると演奏される「第九」。多くの人にとって、感動的ですばらしい曲に違いない。しかし同時に、この曲を聴くと悲しい時代を思い出す人もいるのである。

あのドラマ、再放送するとかDVDとか出してはどうかと思うが・・・
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 19:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | クラシック音楽