2008年12月03日

転職活動してる人みんなに伝えたい 37歳男の場合(その4 - 3ヶ月目)

【3ヶ月目】
 乱射撃ちもある程度効果が出はじめた。だが企業研究してないから面接へ行く前にするのだけど、その結果ヤメ!という場合もよくある。
・大手出版社の関連で絵画通信教育の某
 ネットで調べると、Q&Aサイトでの評判がすこぶる良くない。雑誌とかにコンテスト開催の広告を出し、イラストを一般公募するのだけど、入選するしないに関わらず、応募者全員に対し「あなたは絵の才能があると思った」と電話をかけ通信教育へ誘うという。Q&Aサイトでの反応は概ね同社の事業に厳しく、本気で手に職をつけたいなら芸大や専門学校へ通学したらどうか。趣味ならばカルチャーセンターとかでいいんじゃない?との返事であった。そのような芳しくない評判もあったけど、そもそも断る決め手となったのは「芸術に対する冒涜」である。絵画の才能があるかどうかの判断なんて、誰にでもできることじゃない。応募者全員に「才能がある」と言う行為自体、芸術に対する冒涜以外の何者でもない。大手出版社の名前が付いてあったので私もすっかり信用していた。面接はお断り。
・タクシーが本業でグループのバス事業の某
 電話があり早速面接のお誘い。場所は京都の南区にあるグループ本社。企業研究したら出るわ出るわ、様々に多くの問題を抱えていることがわかった。学生の頃はこの会社に「タクシー業界に新しい改革をもたらす」「運輸省(当時)へ規制緩和を挑む」という良いメージを抱いていた。今は全然違うようだ。面接お断り。
・置き薬の某
 倒産した置き薬の会社から事業を引き継いだ会社。会社規模はそこそこ大きい。置き薬ならばやれそうだし社会貢献度も高い。応募したら面接のお誘いを頂いた。しかし面接のやり方がどうもおかしい。「面接は一回だけで、東京で行なう。東京との往復交通費の負担はしない。直近の給与明細を提出せよ」というもの。中小企業ならともかく、全国各地に営業所がある会社である。関西エリアは関西でまず一次面接。それが普通の感覚だろう。それから内定が出る前に給与明細を出せというのは異常である。いや、内定が出ても、みせる必要性なんてないだろう。少なくとも個人情報であり、できれば誰もが見せたくないものである。ホームページを良く見ると、今までの置き薬のルートを使い保険を販売するのが目的という。置き薬の会社じゃない!某巨大掲示板で同社の関係者と思われる人の書き込みが多く、その内容は目を覆いたくなるような内容であった。「面接のやり方がどうもおかしい」と思った自分の感覚は間違っていなかったようだ。面接お断り。
・飲食店向けシンク浄化機器を販売する某
 飲食店対象の営業。まかせてよ!と思い応募。翌日面接についての電話がかかってきた。電話の女性、話しの内容は問題ないのだけども、言葉尻が荒っぽいのが気になる。関西の企業やしそんなんいうてたらあかんやろ、そう思い企業研究。ホームページを確認したところ、ある機械が主力商品となっている。入社後売ることになるであろうその機械の説明を見てアゼン。キッチンに設置した機械から金属の管が出ており、管はシンクの底を這うようにできている。管の穴から気体がプクプク出ており、この気体の効果により、油脂分の多い排水は分解されサラサラになり流されていく、というものであった。その気体の名前は「マイナスイオン」。
 「マイナスイオン」という言葉が似非的性格を持っていることはご存知だろうか?説明はめんどくさいのでググってほしい。簡単に言えば、「マイナスイオン」に該当する物質は、科学的に存在しないのである。明確に証明できない説明を記載するのは公正取引委員会の定めるガイドラインに抵触することは間違いない。私たちは様々なシーンで「マイナスイオン」という言葉は耳にするけど、全て摘発されず放置状態になっているだけなのである。いざ摘発となるとこの機械を売ることができなくなるのだ。そんな危険性をはらむ会社には入社できない。面接はお断り。
・梅田に本社を構える国内会員制リゾートクラブ運営の某
 たまたまネットサーフしてて見つけた会社。募集要項は営業経験者で年齢制限は記載されていなかったため電話をしたら早速面接という事になった。そして当日。その会社があるビルの9Fまで行ったにもかかわらず、そこからオフィス内へに入ることはできなかった。なぜか?自問自答したからだ。
 「志望動機はなんだろう?たまたまネットサーフィンで見つかったから?そんなことは言えないだろう。じゃあリゾート関連に興味があるのか?いやそんなに興味はない。じゃあ何?どこでもいいから雇ってほしいと言うのか?それは相手企業に失礼な話じゃないのか?」
 面接の時間が来てしまった。1階の公衆電話よりその旨を伝え、面接のお断りをした。本当に申し訳ないことをしてしまったが、納得していない転職という最悪の事態は回避した。
・楽器販売大手の某
 会社説明会と面接を日曜日に実施。転職者への配慮だろう。もうその段階で会社の真摯な姿勢がある程度わかるというものだ。音楽は大好きなので説明会に呼んでいただいただけでもウレシイ。関西で音楽系の求人は稀である。常務クラスとおもわれる方の話には非常に感激した。この消費が冷え切った世の中で、増収増益との事である。新店を続々OPENすることが予定されており、営業経験者を採用しようということらしい。結果、落選したが、私は面接に行ってよかったと思っている。会社説明会のときのその方の話が非常に印象的であったからだ。
 「進路を決めるとき、私はいつもこう言っています。自分の好きな方向へ行きなさいと。たくさんお給料もらえる会社はたくさんあるよ。だけどそういうお金とかの条件で進路を決めて、もし失敗したら、たぶん君は他人のせいにするでしょうし後悔すると思います。自分の好きな進路なら、失敗しても自分で納得し、後悔しないのではないでしょうか」
まさにこの一言、目が覚めた。
 上記の会員制リゾートクラブの企業でオフィス内へ入ることができなかったのは、まさにこの一言が奥底から湧き上がってきたからである。(いったん了)
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

転職活動してる人みんなに伝えたい 37歳男の場合(その3 - 2ヶ月目)

【2ヶ月目】
 転職サイトで何度も検索していると、ある一定の傾向が見えてくるのが面白い。特定の業種業界の求人案件が多いのである。「保険」「リフォーム」「住宅・マンション販売」「エコキュート・太陽電池」「ブロードバンド回線」「CATV」「医薬品MR」。そしていつも掲出している企業が特定されてくる。当然そういうのは要注意。応募してはいけないのだ。
 それまでは慎重に吟味したうえで応募していたが、NG結果が多くなってきた。そのため作戦変更。企業研究は後回しにし、乱射撃ちに戦法を切り替えることにした。
 それにしても、過去の転職経験と比較し、求人を出している企業側の対応が微妙に違うような気がしてならない。「このたびは多大なる応募をいただいており」とかそういう返事が目立つ。オンラインで応募しているにもかかわらず「履歴書を郵送してください」という企業も多い。何故だろう?おそらく、データの状態だと取捨選択しずらいので、履歴書がまとまって目の前にあれば、○×を明確につけ易いからではないかと思われる。採用する側もまた、厳しいこの時代に、最適な人材を選び抜くのに必死なのだろう。私のように乱射撃ちするやつも多いんだろうなと思う。すみません、ソレ、私ですわ。
 JACさんも、少しでも合致しそうならと、いくつもご紹介をくださる。どうしても無理だろうと思われるもの以外については、積極的に応募することにした。
 そんな中、JACさんから頂いた案件でようやく面接のお声がかかった。
・新大阪に本社を構えるパッケージソフト会社で上場企業の某
 面接!さあ企業研究だ!と思った矢先、とある経済誌の「倒産ランキング」の記事中に、面接予定の企業の名前を発見。面接当日の朝、面接キャンセルの申し入れ。いわく、自社ビルを建てたから一時的に損益となった・・・という。しかし、株価に影響し雑誌に掲載されるほどの甚大なコトをなぜやったのか?ビル購入の借金を返すために働かなくてはならないのか?自ら火中の栗を拾いに行く必要はないだろう。
通常の求人活動でも少しずつ面接に行った。
・太陽電池販売では最大手らしい某
 太陽電池の販売を専業としているという。あれ?リフォーム上がりじゃないのね。そう思い応募。面接に行き結果、落選。まあいい。気になったことがあった。
 この事務所はプレハブ建てで2階が事務所、階下は駐車場となっている。ここに駐車してあった車、後部をよくみたらマフラーの一部が見えている。え?電気自動車じゃないの?後日、ユーザのふりをして電話で質問してみた。
Q「社用車はガソリン車ですよね、何故ですか?エコロジーを掲げる企業なのに」
A「以前は電車で営業したこともあったんですが、効率やお客様の場所へ行くのに時間通りにならなかったりしたのです。本来ならそういうところにも早く着手しべきなのですが、現状では手が回っていません」
 ということだ。電車のほうが時間は読めるのでは?とそこまでは突っ込まなかったものの、普段から堂々と排気ガスをバンバン出して営業やら設置工事やらで地球に優しくない活動をしてるのが現実である。ホームページによれば、この会社の「環境方針」としてこう記載されている。
「エコらしく。できることからはじめよう」

 ぜんぜんできてないじゃないか。やっぱりエコロジーをつりえさにしてただけだったのか。
 なお、以下のような質問もしてみた。
Q「事務所の屋上広いですよね。やっぱりああいう場所には太陽電池設置してるんですか?」
A「賃貸不動産ということもあり、設置しておりません。しかし他の営業所では取り組んだりしております」
 このことを確かめるのは難しい。でも、本当にそうであるなら、ホームページに記載しその事をアピールしてても良いもんだけど、見る限りではそのような記載は存在しない。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

転職活動してる人みんなに伝えたい 37歳男の場合(その2 - 転職エージェント)

【転職エージェントに登録】
 大手2大エージェントといえば、リクルートエージェントとインテリジェンスのDODAだ。両方に登録しエージェントのアドバイスを頂きながら進めよう。夜眠い目をこすりながらウェブサイトより登録。しかし両社より、想定外の結果が。
「あなたに紹介する案件はありません」
という内容のメールであった。
 要するに、条件面が悪いので手間がかかるだけなので対応しません、というわけである。恐らく、いやほぼ間違いなく、年齢や転職回数等の制限とかがあるのであろう。営業ならば何歳まで、エンジニアならば何歳までという風に。「リクナビNEXT」「DODA」いずれも検索すると、私のような条件でも結果が出てくる。無いはずはないのだ。なのに電車などあちらこちらの媒体で「非公開求人は3倍はあります」等と書いているけど、あれは真っ赤な嘘か、あるいはある特定の条件によっては3倍ある、とか欺瞞的要素の高いコピーに違いない。企業だから仕方がない面もあるかと思うが、両社とも広告の露出量も多いし期待していただけに幻滅した。
 事実、その後JACジャパンに登録したらいくつもご紹介を頂いたし、本当に親身になってくださった。あと、兵庫・大阪の地元に強い転職エージェント「SRC」を見つけたので登録。さすがに案件は非常に少ないものの、担当の人はがんばってくださっているので本当にありがたいと思う。
 この頃は一般求人サイトからIT関連の同業他社を数社応募するも、結果NGだらけ。面接まで行ってもその後が続かない。そんな中、SRCさんからご紹介を頂いた。
・地方鉄道のグループ会社で広告関連事業の某
 鉄道広告の管理の仕事。かつて広告会社で勤務した経験もあり、媒体側はそれほどキツい仕事ではないことを知っている。ましてや旧い体質を持つ企業ほど、「実績を上げる」ことではなく「しっかり管理する」事を求めてくるのだ。私の本意とはやや異なるが、場所も近く応募してみた。二次の最終面接で敗退。

 あれこれやっているうちに今年で最も不況を象徴する出来事が起こった。そう。9月15日、リーマングラザーズ経営破たんである。影響はそのうち津波となって押し寄せてくるに違いない。転職活動が今後しにくくなるだろうと確信した。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

転職活動してる人みんなに伝えたい 37歳男の場合(その1 - 始めの頃)

 転職活動中である。
 3ヶ月経過し、何ら結果は出ていない。尤も今回は営業マンとして最後に骨を埋める場所を探しているので、どこでもいい、というわけではない。慎重にすすめている。37歳(30代後半)、転職4回。特別な資格取得は無し。これでは確かに採用する側も及び腰となるのもわかる気がする。
 ただ小さな会社を上場まで持ち上げた実績もあるし、アイデア力では絶対に負けないという自信はある。
もしこのブログを人事採用担当の方がご覧になったら、これから書く事を少しでも理解していただけたらと思う。

 転職4回が多いか少ないかはそれぞれ考え方はあると思うけど、終身雇用制度が事実上崩壊したと言われはじめたのが、われわれの世代が社会人になるタイミングと同じなのだ。第二次ベビーブームの団塊が大学生活を送っているときであった。1990年の年初よりバブル崩壊が始まり、新卒で就職する頃には企業側も雇用制度そのものを見直しはじめた頃であった。だからこの世代で転職を繰り返している人は決して少なくない。ご年配の方は「若者の勤労に対する考え方や価値観が多様化したから」などと言うが、私は必ずしもそうではないと思う。企業側も終身雇用を前提とした採用を行なわなくなったのである。
■「退職金制度」がなくなった
 20年前はどこの企業も当たり前であったが、今は大手企業を除けば、逆にあるほうが少ないであろう。
■「インセンティブ制」の多用
 成果を残した人が報われる制度であり一見、良い制度に見える。しかし残業代はインセンで、という感覚でもあり、企業側が絶対にソンをしないように出来た非常にズルい制度である。

 多分世の中には同じ境遇を抱えた人も多いのではと思い、三ヶ月間にあった様々なコトを記したい。あくまで一事例として参考程度にされたい。また私のような厳しい条件で「面接」のお声がかかる企業は、様々に問題を抱えているケースが多いのも事実。そのあたりも克明に記載したい。

 まず私のこと。簡単に最近の職務について記載する。
【前職】
 飲食系のITベンチャー企業に就職、営業的な素地のない会社において、営業フローをイチから作り上げていった。新規開拓営業。自社運営サイトに加盟する飲食店を増やすのが仕事。残業しなければ達成できないような高いノルマ。しんどい思いをしたがそれでも比較的インセンティブも高かったため、上場するまではがんばろうと思った。実際上場まで到達。しかし待ち受けていたのは、インセンティブのダウンであった。「給料上げる」と言われたがよくきけば「基本給を上げてインセンを下げる」であり計算上、結局収入は大打撃。いや、経営者側はもちろんそうなることは計算の上で、仕組みを変えたのである。モチベーションも上がらず失意。精神疾患(うつ病)を起こしていたことも判明。
【現職】
 ITインフラ系の会社で営業。しかし今までやっていきたアウトバウンド営業ではなく、完全インバウンド営業。楽?確かにそうかもしれない。だけど自分の本意ではないという気持ちが沸々。入社した頃は上場するぞ!と勢いがあり誰もが上場は確実なものと思っていた。確かに上場準備室なるものもできた。しかし自社の新サービスがコケた昨秋あたりから、少しずつ業績が下がってきた。腰の重い会社であり競合他社が新しいサービスをどんどん投入する中、身動きが取れない状況で時間ばかり過ぎてしまった。そしてここでは言えないある意味の「事故」も重なり、今では上場は無理との雰囲気につつまれている。そればかりか、社内の体制は変わり、役職者が減少し私を含む数名は、退職勧奨を受けている。もちろん応じるつもりはない。しかしこのままだらだらやっていくのももったいない。転職を決意。

【初めの頃】
 不況でも求人はあるだろう、とわりと悠長に構えていた。企業をきちんと見定めたうえで求人に応募しよう、と転職支援サイトの中から厳選していた。やっぱりあるじゃない。応募を始めた。
・外資系製薬会社の某
 MRとしての応募であったが入社してから試験に合格すれば良い、との事だった。以前よりMRには興味があった。どうせしんどい営業するなら高給のほうがいいじゃない。医薬品の業界はIT関連のように極端な浮き沈みはないだろう。骨を埋める場所としては悪くない。しかし東京での二次面接で圧迫面接に撃沈。

 エコロジー関連2社
 これからはエコの時代!やっぱりそういう業界が社会的にもイメージいいんじゃない?そう思い2社へ応募、2社とも面接のお声をかけていただいた。
・中部地方に本社がありエコキュートなどの販売をしている某
 某巨大掲示板やQ&Aサイトを見ると、なにやら怪しい書き込みが。エコキュートは購入+設置に100〜120万円程度かかるのだが、トビコミ営業が基本。2回目訪問は夫婦同席の上でその場で契約を取ってしまうという営業方法について、エンドユーザからも疑問の声があがってたのを読んだ。「今はこの県だけ特別に行政の補助があるんです」というウソのセールストークを使ったりしていることがわかった。Q&Aサイトにはそういう記載がいくつもあることがわかり、面接キャンセル。
・大阪に本社がある某
 太陽電池の扱いが主。求人票に「営業管理職」として出している。しかし電話で確認をすると「将来の管理職候補ということで、入社後はプレーヤとして飛びこみ営業、成果が上がったら管理職」との事であった。それじゃあ普通の求人票と一緒でしょ!管理職なんて書かないほうがいいんじゃ?ってなツッコミをしたくもなる。求人票に偽りあり。最初から誠意のない会社と判断し、面接はお断り。
以前も記事にしたけど、彼らは心の底からエコロジーのために、環境に優しい、なんて思っちゃいない。リフォーム業の一部として考えているのである。つりえさを「エコロジー」にしたらよく釣れる。それだけの話なのである。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

2008年11月16日

浅田真央選手は結果2位。 それにしても感じたのはインターネットの寂しさ

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、フランス杯のフリーが終了した。
浅田真央選手、フリー演技でもやはり2位となり、残念ながらトータルで2位となった。ショートプログラムが終わった段階で2位だったけど一位との差はわずか。挽回可能な位置だっただけに残念!
あともう一戦がんばって、是非グランプリファイナルへ出場を決めてほしい。応援したい。
この情報を知ったのはインターネット。

それにしてもさびしいのだ。今夜テレビで放映がある。先に結果を知ってしまってから見るのは、寂しい気持ち。まるでネタが明かされてから推理ドラマを見るかのよう。地球の裏側、フランスで開催されているのだから仕方がないのだけど、今夜見る時には、ワクワク感はない・・・と思うのだ。
インターネットが普及する前は、そうではなかった。報道側もテレビでの結果報道を控え、放映を優先した。視聴者は結果が出ていることは知っていても、結果の内容は知らないからワクワクしながらテレビに見入ったものだ。

インターネットは人の生活を豊かにするものだと思っていたが、そうではない一面もあるのかと感じた出来事であった。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

2008年10月08日

緊急!今auケータイ送受信できない!!

10月8日22時12分

私のauのケータイ メール送受信ができない!
何故だろう・・・思い当たることがひとつだけあるそれは・・・

阪神が巨人に負けたから・・・かな!
きっとそうだ。関西圏は全体的にメールサーバに負荷がかかってるとみた。

負けたのは悔しい。その悔しさは束となり、通信会社のメールサーバを圧迫したに違いない。続きを読む
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

2008年08月19日

ブログ開始

前々回挫折、前回はアクセス上がってきたときに挫折、さて今回は?
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など