2009年11月29日

円高のメリットを狙え!保有ドメインを安い価格で更新。

 世の中急激な円高。しかしこの円高を利用してドメインを更新しようじゃないか!

 海外のレジストラに移管することで、激安でドメインの更新が可能。

 ご存じない方のために説明すると、レジストラ移管というのは、文字通り管理業者を変更する事。新規取得と前回のレジストラ移管から60日以内のドメインは移管できない、有効期限まで1っか月以内は移管できないなどの制約がある。移管をする際は更新費用と同様の金額が必要となり、有効期限が1年延長される。

 移管には概ね10日〜2週間程度かかる。その間利用できなかったり、移管するとネームサーバーが変更されたりすることはない。全然怖がることはないのだ。

 「com」や「net」などのドメインで、今後も確実に使用する可能性が高いものは、今が更新のチャンス。godaddyのcomは移管費用$7.17。日本円で621.9円。

お名前に置いたままだと 920円 →298円損する

ムームーに置いたままだと 950円 →328円損する

バリュードメインに置いたままだと 990円 →368円損する


godaddyの$7.17はican手数料込み。原価スレスレ。comの総原価はican手数料込で$7.04。

いかが?
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー・ドメイン名
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック