2009年11月23日

辻井伸行 NHK特集番組「ピアニストの贈り物」に深く感動

 総括するのは少し早いかもしれない。だけど、日本クラシック界で今年もっとも大きな話題といえば、ピアニスト・辻井伸行さんのヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの優勝であることに、異論はないと思う。

 ついさっきまで、NHKの特別番組「ピアニストの贈り物」をやっていた。最後まで見て実に感動した。

 20日にわたるヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの裏側に密着取材したもの。深く感動。私なぞは、みんな素晴らしい演奏で優劣なんかさっぱりわからなかったけどな^^;;

 今思えば、優勝者が2人いたんだね。クラシックの世界的なコンクールというのは、今回のように三位が不在ということはちょっと珍しいけど、優勝者無し、なんてことはよくある。審査員が優勝にふさわしい演奏であると納得できなかった場合だ。競争の結果最も優秀だった人を、優勝にするわけではないのだ。

 今回優勝が二人出たというのは、つまり、かなりハイレベルな戦いだったことを如実に物語っている。

 裏側を見ることができたという意味で、たいへん興味深いものだった。コンクールの意義や審査員の思いとか。ホストファミリーの話も実に面白かった。

 「演奏会場は寺院のようなものです。神はベートーヴェン、モーツアァト、ショパン、シューマン、リスト、ラフマニノフ・・・そして演奏家は、司祭です。神の思いを、今の時代に再現するのです」という言葉は、なるほど言い得て妙。強く印象に残った。もちろん賛否はあるかと思うけどね。
感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ
感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ
価格:2,800円
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:23 | クラシック音楽