2009年07月24日

モーツァルトの未発表作品が"また"見つかった!

昨年の発見に引き続き、またもやモーツァルト未発表作品が発見されたという!

47(共同)より引用。
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072401000086.html

モーツァルトの2作品発見 オーストリア、近く公開

 【ウィーン共同】モーツァルト(1756〜91年)の作品を研究、保管するモーツァルテウム財団(オーストリア・ザルツブルク)は23日、未発表だったモーツァルトの二つのピアノ曲を発見したと明らかにした。いずれも若い時期の作品で、楽譜は財団の所蔵品に含まれていたという。

 ザルツブルクはモーツァルトの生誕地で、財団は8月2日に詳細を公表し、モーツァルト愛用のピアノで曲を演奏する。

 モーツァルトは5歳から作曲を始め、35年の生涯で600以上の曲を残した。

 モーツァルトの未発表作品はこれまでにも多く発見されており、昨年9月にはフランス・ナント市でも見つかった。同市はモーツァルテウム財団の鑑定の結果、資料館で保存していた楽譜がモーツァルトの未発表の自筆譜だったと発表した。


ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 こういう事って本当に感動的だと思う。約200年もの間眠っていたモーツァルトの作品が、息を吹き返し、演奏される。想像しただけでもゾクゾクする!

 若い時期の作品だそうだけど、いつの頃のことを指すのだ?35歳で死んだのでモーツァルトの生涯には「年老いた時期」というものがない。少々強引だけど生涯ずっと「若い時期」だったともいえるわけだ。本当にこういう記者の姿勢にはやきもきするなぁ。

 まあいいか。しかし、そう。百聞はナントヤラってやつ。逆だったかな?とにかく、もったいぶらずに早く"世界初演"してほしい!できればYouTubeにアップしてほしい!
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30794940
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック