2009年06月22日

セブンイレブン 本日行政処分(公取委による排除命令)・・・をめぐる3つのポイント

 私のブログでは、セブンイレブンの優越的地位の濫用について何回か記事にしてきた。

2009/02/20「セブンイレブン 公取調査へ-ようやく記事にすることができた大手メディア」

2009/05/29「公取委、セブンイレブンに排除命令へ 加盟店の値引き制限(1)鈴木敏文王国の「本当のようなウソ」など。過去の記事全部はこちら

 本日、ようやく巨大帝国セブンイレブンに行政処分が下った。
 コンビニ第1店開店から35年。いまは日常には欠かせない、当たり前の存在となった。35年の間にどれだけのオーナーが苦しんだことだろう。

 朝日新聞より引用
http://www.asahi.com/business/update/0622/TKY200906220164.html
セブンイレブンに排除措置命令 見切り販売制限で公取委
2009年6月22日15時5分

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)の本部が、加盟店に対する優越的な地位を乱用し、販売期限の迫った弁当などを加盟店が値引き販売するのを不当に制限したとして、公正取引委員会は22日、同社の独占禁止法違反(不公正な取引方法)を認定し、排除措置命令を出した。

 命令は、同社に対し、今後、加盟店向けに具体的な値引き販売の方法を示す資料などを作ることを求めている。コンビニ各社は、加盟店に値引きをしないよう勧めているケースが多く、影響は業界全体に及びそうだ。

 公取委によると、セブンイレブン側は加盟店に対し、弁当やおにぎり、総菜など鮮度が低下しやすい「デイリー品」を本部が推奨する価格で販売するよう指導。デイリー品の廃棄による損失を減らそうと、販売期限の迫った商品を値引きする「見切り販売」に踏み切った複数の加盟店には、本部の担当者らが「契約解除になる」などと言い、見切り販売を制限していたとされる。


 あらためて、3つの重要な問題を今回も提起したい。
 1)セブンの不正はまだまだたくさんある
 排除命令の文中にある「デイリー商品」とは、主に弁当類を指すものと思われる。わかりやすくいえば今回の排除命令は、値下げ販売の権限は完全にオーナーのものである、と記載しているわけだ。
ところが、今回の内容を見る限り「それだけ」なんである。セブンの優越的濫用はまだまだ沢山ある。たとえば、自分の店に納入されている納品伝票を見せてもらえない点。営業時間を短縮する権利がない点など。この点は今後どうなるのだろう。

 2)なぜセブンだけが排除命令の対象となるのか?
 他のコンビニエンスストアも同様の行為を行っているのは明らかなのに、セブンだけを対象にするのは如何なものだろうか?今回の行政処分によって他社にも抑制効果となると思われるが、やはり、他社も同様に処分対象とするべきではないか。

 3)マスメディアも「共犯」
 コンビニエンスストアの経営に苦しみ、自殺者まで出ているのをずっと前からほとんどのマスメディアは知っていた筈。しかもコンビニエンスストアの経営実態も知っていながら、ろくに報道さえしなかった。何故ならば「コンビニは新聞・雑誌の販路」「優良な広告主」であるからだ。

 いやそればかりか、マスメディアは「コンビニオーナー募集」の広告を率先して掲載してきた。そんなマスメディアがどのような姿勢で報道するのかが興味ある。私の予想では、新聞は5紙すべて掲載。テレビはかなり報道しないのではないかと思う。報道したとしても、ちらっとだけで、「さぁ次にまいりましょう」となるのではないだろうか?

 「セブンイレブンの正体」まだお読みでない方はアマゾンで購入。
セブン‐イレブンの正体
セブン‐イレブンの正体

著:古川 琢也 , 他 価格 1,260円


早速YouTubeにアップされてる。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 17:24 | Comment(3) | TrackBack(3) | マスコミの役割ってなんなんだ?
この記事へのコメント
 初コメさせていただきます。
 なるほど、公取委の「命令は、同社に対し、今後、加盟店向けに具体的な値引き販売の方法を示す資料などを作ることを求めている」のは、「値下げ販売の権限は完全にオーナーのものである」からですね。あくまで、セブンイレブンの加盟店側には、値下げする権限はないということですか。

 そうすると、加盟店側が今後「セブンイレブンの値引き販売の方法を示す資料など」に沿わずに値下げすると、罰せられる可能性があるということでしょうか...

 まだまだ、ひともんちゃくありそうな気がします。

 NHKや一部民報のニュースバラエティでは、この点には触れてませんでした。

Posted by ウーツー at 2009年06月22日 23:06
ウーツーさん

コメントありがとうございます。
会見では「真摯に受け止めたい」なんて云っていましたけども、公式HPの「弊社の見解」を読めば、全然真摯に受け止めていないのがよくわかります(笑)
今後の動向に注目ですね。
Posted by 苦労する大場(管理人) at 2009年06月22日 23:28
こんにちは。トラックバックがついたので、拝見しに参りました。
昨日6/22のセブンイレブン社長の会見で、真摯に受け止めるなどの発言はいかにもおざなりで、不本意だとの姿勢がありありでした。

また、営業部門が独走して、加盟店へ圧力をかけていたのかも知れないようなコメントをしていました。公取では社員研修を徹底するように、との指示も発表していましたが、トカゲのシッポのせいにするなど、とんでもないことです。

公取はすでに数年前から、優越的地位を利用して圧力をかけていることへの警告を出してきたのですから、営業部門などがそうしたことをしていないかをチェックするのは、内部統制上、れっきとした経営陣の責務なのです。
今後も徹底的にコンプライアンス違反の面を解明してもらいたいと思います。
Posted by DMORI at 2009年06月23日 08:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29992185
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「弁当の値引きはダメ」というセブンイレブンに排除措置命令
Excerpt: お弁当や惣菜で消費期限が近いものを値下げして販売する。 廃棄処分されるものも減るし、買う側の懐も痛まない。 スーパーやデパ地下などで...
Weblog: CW馬なりにて歩む
Tracked: 2009-06-22 23:22

ついにセブンイレブンに排除勧告、これで安売りが始まるか?
Excerpt: 食べられるのに廃棄というのは、やっぱりもったいないですよねぇ →セブン―イレブンに排除命令、弁当など値引き制限で…公取委 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞..
Weblog: ピア 徒然見聞録
Tracked: 2009-06-22 23:45

セブンイレブンに排除命令?
Excerpt: ま、安く買えるのは、嬉しいことで^^ 約1万2千店舗を抱えるコンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンの本部が、販売期限の迫った弁当などを値引きして売った加盟店に値引きをしないよう強..
Weblog: いい加減社長の日記
Tracked: 2009-06-23 08:01