2009年03月06日

外部リンク(被リンク・バックリンク)対策で留意したい3つの重要性(1)Seo-P-linkの簡単さ

 最近、SEO対策が面白い。
 個人的に運営する独自ドメインサイトが2つあり、いずれも「Seo-P-link」という相互リンクシステムを導入することで、簡単に外部リンク(被リンク・バックリンク)を獲得することができるようになった。

 「Seo-P-link」の面白いところは、システム自体がシンプルで高機能な点にある。リンクを自動的にチェックする機能があるので、相互リンクが確実に行えるのだ。

 同じ「Seo-P-link」を導入しているサイトは、要するに相互リンクを欲しがっているわけだからどんどん自分で相互リンクの申し込みができるし、手動だから決して楽ではないけど1日もあればバックリンクを100サイトGETすることは容易なことだった。

 yomi-serch系の検索エンジンは数多くあるし、今でもそれらに登録するのは外部リンク対策の基本であるが、欠点も散見される。

1)ほとんどが承認制であり、承認するか否かは管理人の裁量がすべて。
2)ホームページのタイトルにビッグキーワードを入れるのを拒む管理人
3)登録数が5000、10000を超えてしまい、発リンクの数があまりにも多くただのリンクファームとしての意味しかない

 とはいえ、yomi-serch系の検索エンジンを運営するサイトのほとんどは、無料で対応しているものだし、彼らに多くのものを望むことは論外といえるだろう

 「Seo-P-link」はこの問題点をある程度克服したといえる。
1)に関しては、承認もなにも、最初から「相互リンク」から始まる。
2)に関しては、ビッグキーワードが入れやすいシステムになっている。
3)に関しては、相互リンクのため件数は限られ、サイト自体の発リンク数が抑制されていく。

 もちろん「Seo-P-link」はトップページ相互ではないので、ソレナリの期待しかできない。

 しかしGoogleやYahooの検索アルゴリズムが今後修正されたとしても、バックリンクとは他人の評価でもあり、重要性が大きくブレる要素とは考えにくい。

 一方で、バックリンクばかり重要視してもダメだと思うことが多々ある。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル

■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー・ドメイン名
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27412854
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック