2009年02月04日

カザルスホール閉館の衝撃 日本のクラシックの未来やいかに

産経IZA!より引用
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/219028/
---------------------------------------------------------------------------------------
日本大学カザルスホール、来年春に閉館へ
 室内楽専用ホールとして、クラシック音楽ファンに親しまれた日本大学カザルスホール(東京都千代田区)が平成22年3月で閉館することが4日、日本大から発表された。

 同大によると、ホールを含むキャンパスの敷地が再開発の対象となっているが、詳細な計画は決まっていない。

 同ホールは出版社の主婦の友社が建設し、昭和62年に名チェリストのパブロ・カザルスの名を冠して開館。平成9年には本格的なパイプオルガンを設置して人気を集めた。14年には、不動産投資などで経営難に陥った主婦の友社が日本大に売却していた。
---------------------------------------------------------------------------------------

大きな衝撃。
国内でもっとも良い室内楽ホールの代表的な存在「カザルスホール」。

歴史的なチェリスト、パブロ・カザルスの名称が冠される、日本国内では最も重要なクラシックの演奏会場のひとつであることに異論はないだろう。
私は東京に居たころ結局、カザルスホールへ行く機会はなかったのが、たいへん悔やまれる。

私は以前から、この100年に一度と言われる不況の波が、クラシックの演奏家に対し、たいへん大きな影響を及ぼすのではないかと心配していた。景気が悪化して、いちばん困る層のひとつではないかと。

以前はクラシックコンサートといえば、スポンサーは普通に存在した。企業としてもイメージがいいし、文化事業への投資はひとつのステイタスでもあったのだ。スポンサー用の招待券を顧客に配布しご招待。典雅な時代はもう、今は昔。

世界的なコンクールで名を馳せたような、知名度の高い演奏家はまだいいかもしれない。今成長中で、これからの活躍が期待される層。ココが今いちばんキツいのではないかと思う。

「カザルスホールのような立派なホールで演奏できるような演奏家になりたい」と志す人も多かったのではないか。

次の時代でイイ音楽をどんどん演奏して楽しませてくれる演奏家たちでもある。この層を成長させる構造がなければ、日本のクラシック音楽の未来は明るいとはいえないと、思う。

カザルスホール、調べたところ1987年に設立されたという。バブル景気に湧いた時代。もしかすると、カザルスホールというのは、クラシック音楽の世界において、バブル景気に狂った建造物の象徴だったのかもしれない。

カザルスホールが無くなるのはクラシック音楽の世界で大きな痛手となることには違いない。どこかが買収するとか、そういう方法はないのだろうか?

YAMAHAやKAWAIなどの音楽系企業と、音大系には期待したいが無理だろうか?
未来の演奏家を育てていくのが、彼らの仕事であると思うのだ。
<PR>
無料レンタルサーバ land.to 化粧のノリが良い日焼け止めUVモイスチャー  ミュージシャン支援・音楽配信 エルセーヌの小顔体験 ダイエットサプリ 電話占いアイネ 着ただけでスッキリ!おなかスリマー 美人は姿勢で決まる-姿勢ウォーカー 弁護士ドットコム ブランドバッグ&アクセサリーレンタル
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(2) | クラシック音楽
この記事へのコメント
ブログ「英楽館」を書いている英楽館主です。昨日2月4日の記事にトラック・バックありがとうございました。
忘れずに継続的に取り上げて行きたいので、カテゴリーを新設して投稿し直しましたので、機会のある時に再度トラックバックをしてくださるとありがたいです。
Posted by 英楽館主 at 2009年02月05日 08:14
英楽館様

コメントありがとうございます。
この事は私もたいへんな出来事であると思っています。
トラックバックしましたのでご確認くださいませ。
Posted by 苦労する大場 at 2009年02月05日 15:57
トラックバックいただきましてありがとうございました。

高校時代の貴重な思い出の場が一つなくなってしまうようで寂しい限りです。
とは言いながら、せっかくカザルスの舞台にあがることができたのに、
緊張でほとんど記憶がないのですが。。。
出場できたのはおそらく、神戸の高校だったからだと思いますし。
(「震災からの復興とともに頑張る神戸の高校生」)

経済が厳しいと真っ先に粛清(?)されるのが、こういった芸術方面だと思いますが、
そういう時代だからこそ、殺伐とならないような抑制力を芸術に期待したいものです。
Posted by 女郎花。 at 2009年02月05日 23:19
女郎花様

コメント頂きありがとうございます。
カザルスで演奏したのですね。今となっては、貴重な経験といえるのかもしれません。

カザルスホール閉館は、たまたま表面化しただけではないかと思うのです。水面下で今どんな事が進んでいるのか?とかを想像すると、なんだか暗澹とした気持になります。
Posted by 苦労する大場 at 2009年02月06日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26296450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

日大よ、お前もか
Excerpt: 先週の歌舞伎座建て替えに関する記事の最後に少し触れた、 http://ei8at12so.seesaa.net/article/113337460.html 磯崎新設計、お茶の水スクエア内カザルスホー..
Weblog: えいはち@十二社の行動
Tracked: 2009-02-05 09:24

カザルスホール閉館。
Excerpt: カザルスホール、来年3月に幕 室内楽の殿堂(asahi.com)なんか寂しい。。。 年1回行われている「アマチュア室内楽フェスティバル(ACF)」。これに、高校の時に出場したことがあるのです..
Weblog: 〜をみなへしおほかる野辺〜
Tracked: 2009-02-05 23:01