2009年01月17日

阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(1)

最初に言っておくが私は被災者ではない。地震発生3日後にボランティアとして現地へ乗り込んで行った際のことを思い出すままに記載したい。

当時被災状況というのは何も分からず、ボランティアへ行くにもどうやったらいいのかさえ、分からない状況であった。
震災から3日目、京都にいた私は寝袋と衣類と水を詰め込んだ大きなリュックを背負い、ボランティアとして現地へ向かった。もちろん、どこに行くかも決めていないし、現地の地理に詳しいわけでもない。ただひたすらに、西へと向っただけであった。

駅名は失念したが、阪神電車で行ける駅まで行った。そしてどこをどう歩いたかさえも覚えていない。歩いていたら、たまたま見つけた看板が、西宮市立中央体育館であった。日も暮れていたこともあったし、その日はここにしようと決めたのであった。

翌日。
体育館を管理する職員と思われる男性の方がここを今仕切っているときき、その方に従って、まず、行った作業が、「遺体運び」であった。体育館の裏手にある武道館が遺体安置所になっており、身元が判明したご遺体から順に、トラックへ載せるという作業。私がその時見た限りでは、約100くらいの棺桶が置いてあった。
トラックの搬送先は火葬場という。とにかく火葬場が順番待ちになっているので、身元が判明した遺体は、容赦なく順々に運ばれることとなった。

一回に運べる遺体は3体まで。それ以上トラックには載せられない。トラックは一日に5〜6回到着し、そのたびにご遺体を運び出す。人間というのは、かくも重いものなのか?大の大人の男が6人がかりでようやく、運び出すことができる。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:51 | Comment(8) | TrackBack(14) | マスコミの役割ってなんなんだ?
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

そうですか、ボランティアをやっておられたんですね。
西宮市民としてお礼を申し上げます。
ボランティアの方々に助けられた人々が大勢いたはずです。
助け合いの精神。
有り難いことです。

私は、次の日に阪神電車が復旧した甲子園駅の周辺に住んでいましたので、多くの友人が家に来てくれました。
ある者は、そこから神戸の方へ行き、ある者は、被害の大きかった甲子園口や西宮北口へ行き・・・。
貴方も私の家の前を歩かれたかもしれませんね。

悲惨な記憶ですが、決して風化させてはいけないと思います。
何故なら、教訓とすることが多かったからです。

地震列島日本。
ここに住んでいる以上、逃げられない現実。
それであれば、記憶を風化させず、教訓を生かして生き延びることを考えるべきだと思います。
それが、生き残った者のつとめ。
そんな風にも思います。

最後に、亡くなられた方の冥福を改めてお祈りします。
Posted by トオル at 2009年01月18日 13:23
コメントありがとうございます。
白状しますと、西宮の方からコメント頂けると、嬉しいかも、と思いながら書きました。また、お礼を頂きありがとうございます。私はボランティアですが、被災者の方、ご遺族の方にとって、1月17日というのは特別な意味を持つことと思います。
阪神大震災でのボランティア参加は、私にとって人生の中でも最も印象に残る出来事としてこれからも語り継いで行こうと思います。
Posted by 苦労する大場 at 2009年01月18日 21:14
トラバ、ありがとうございました。
ワタシよりも修羅場を踏んでおられますね。
色々ご苦労されたこととお察しします。

西宮は育った街で、今も頻繁に行きますが、すっかり新しいマンションと、その住人で賑やかになってきています。
忘れつつあるんでしょう。いわゆる「戦後」なのでしょう。ワタシの周りでは亡くなった方はおられないので、苦労は非常に小さなものですが、経験者には語り繋いでいくべきでしょうね。
事実を淡々と。

ではでは頑張って下さい。
Posted by beerer at 2009年01月19日 21:01
beerer さんコメントありがとうございます。
たしかにすっかり爪痕はなくなったように見えます。
そうですね、面影はほとんどなくなりました。
町中を歩いていると、いきなりぽかんと不自然な更地があったり、コイン駐車場になったりしてる場所があったりします。そういうときに、少し意識しますね、あの時の事。
Posted by 苦労する大場 at 2009年01月20日 00:35
トラックバック、ありがとうございました。

私は、中学生のときに大変な床上浸水を経験し、
自然の恐ろしさを実感したつもりでいました。
でも、この地震でさらにその想いが強くなりました。
ボランティアをされたそうで、本当に頭が下がります。

毎年、この日が来ると必ず黙祷し、自然に対する畏敬を強くしています。

Posted by でんちゅう at 2009年01月21日 14:58
でんちゅうさん
コメントありがとうございます。

今後も1年に一回は、トラバ打ちまくります。
この日だけ。
あの時のこと、絶対忘れないでほしいんです。
Posted by 苦労する大場 at 2009年01月21日 21:01
トラバ、ありがとうございます。
自分がボランティアで被災地に直接入ったのは新潟の中越大地震が初めてでしたが、活動中も襲ってきた余震は前もって覚悟していた以上の衝撃で、地の底から突き上げてくる猛烈な揺れは、多くの人が何が起きたかわからずに動けなくなったものです。

それでも、避難所でボランティアの方の手を借りるだけでなく避難者の皆さん自身が積極的に動いてくださり、かなり活動がスムーズに進んだことを覚えています。

被災地に入る時にどの道路も寸断されて、獣道のような細い山道を何とか抜けてたどりつき、その道も余震でまた寸断されて帰りは更に別の道を探しながら出ていったのも被害の深さを改めて思い知ったものです。

現地で直接間接見聞きした情報は帰ってからすぐネット上のボラ関係掲示板にあげて、他の方の役立つようにしましたが、被災地に向かおうとする方は事前にこういったサイトも細かくチェックして、必要な物や通行可能な道を十分調べて行かれるよう、おススメしておきます。
Posted by 負けるな、OK! at 2010年01月20日 22:00
最高級ブランドコピー専門店
ブランド 2013春夏新作開催
当店は主に販売します:時計|バッグ|財布|靴|サングラス|アクセサリー|ベルト
経営のブランドは含みます:ROLEX|IWC|BVLGARI|OMEGA|TAG|HEUER| BREITLING|CHANEL|FRANCK MULLER|CARTIER|HUBLOT|ZENITH| BREGUET
ルイヴィトン|グッチ|シャネル|エルメス|ミュウミュウ|プラダ|コーチ|ブルガリ|フェンディ| バレンシアガ|ボッテガヴェネタ |セリーヌ| トリーバーチ
以上 宜しくお願い致します。(^0^)
信用第一、良い品質、低価格は、商品は絶対の自信が御座います。
激安、安心、安全にお届けします、安心して買って下さい業界最大級ブランドコピー専門店
◆HP: r\n◆担当者:深田裕子 HIDh4リレーレス http://www.jhqk.info
Posted by HIDh4リレーレス at 2013年07月16日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25608989
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

阪神大震災と国防体制を想う
Excerpt:  昨日、阪神大震災(1995)が起きて14年目を迎えた。被災地の復興は、相当になされ、特に被害の大きかった神戸市は、復興事業推進と共に区画整理も行われて、街並みは近代的に様変わりした所もある。  し..
Weblog: 陸奥月旦抄
Tracked: 2009-01-18 04:04

阪神淡路大震災。記憶を薄めるのは罪ではない。
Excerpt: >私、夢見生のHP本舗“裕遊字的(ゆうゆうじてき)(http://www.ikiru.jp/)”内、今日の字遊航海 #静かな鎮魂の祈りにつつまれた。17日午前5時46分、6434人が犠牲になった阪神大..
Weblog: のんきいきいき --夢見生の日記--
Tracked: 2009-01-18 04:44

1.17 追悼の朝、阪神大震災今日で14年。
Excerpt: 阪神大震災14年 1.17追悼の朝 2009年1月17日6時3分 追悼のつどいが開かれた神戸市中央区の東遊園地では、竹灯籠(とうろう)でかたどった「1.17」が浮かび上がった..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆
Tracked: 2009-01-18 06:06

1月17日の出来事
Excerpt: 阪神大震災14年 1.17追悼の朝 2009年1月17日6時3分 追悼のつどいが開かれた神戸市中央区の東遊園地では、竹灯籠(とうろう)でかたどった「1.17」が浮かび上がった=17日午前..
Weblog: もぅ新聞紙ゎ要らない
Tracked: 2009-01-18 06:06

1月17日 阪神大震災とセンター試験と(追記:リスニング再試)
Excerpt: 今日は、1月17日。あの、阪神・淡路大震災が起きて14年目となります。また、今日はセンター試験の日です。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2009-01-18 06:45

あれから14年ですか…
Excerpt: 阪神大震災14年 あの日の教訓語り継ぐ(NIKKEI NETさんより)  命の重みや絆(きずな)の大切さを胸に刻む朝がまた巡ってきた。14年の歳月が流...
Weblog: カンヂのあなた!(40代の青春)
Tracked: 2009-01-18 08:43

阪神大震災から14年
Excerpt: 阪神大震災14年 1.17追悼の朝(朝日新聞) - goo ニュース 1995.1.17、5:46、 淡路島北部で発生した地震は、明石海峡を渡り、明石神戸芦屋と伝わっていった。 最大震度7。 この..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2009-01-18 09:56

阪神淡路大震災から14年〜定額給付金の2兆円は学校耐震化に使うべきだった!!
Excerpt: 【あの日から14年】  今朝も何となく早く目が醒めたのですが、5時46分を少し過ぎた時間に家が小さくミシリと音を立てたような気がしました。  今でもバイクの低いエンジン音が地鳴りに聞こえて身構..
Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ
Tracked: 2009-01-18 11:03

震災から14年
Excerpt: 阪神大震災の被災地は17日、発生から14年の朝を迎えた。 あの日の傷跡を街に見つけるのは難しい。 平成生まれが新成人となり、震災を知らない世代も増えた。 その一方で、震災で後遺症を負った「震災障..
Weblog: Happy mind
Tracked: 2009-01-18 11:19

阪神淡路大震災から
Excerpt: もう14年になります。時間だけでいうと、かなり昔の話しになってきました。 そのと...
Weblog: てらブログ
Tracked: 2009-01-18 11:57

【 大地震 】 1995.01.17 阪神大震災
Excerpt: 大地震は天災だ。人間の力では防ぎようがない。しかしその後の迅速な救助活動があれば
Weblog: Kplus
Tracked: 2009-01-18 14:47

阪神淡路大震災から14年
Excerpt: あの大惨事から早14年。
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2009-01-18 17:11

明日1.17震災の日をひかえ、東遊園地にて
Excerpt: 今の小学生は、誰も阪神大震災を体験していない、 親や先生や周囲の人から話を聞くのみである。 我々が自らは戦争を経験してないように。 やがてはこの世から実際に被災した人はひとりもいなくなり 書物や映像..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2009-01-18 21:49

あれから14年
Excerpt: たまには野球以外の記事を。 今日1/17は、阪神淡路大震災があった日。 私自身は...
Weblog: Excessive Words
Tracked: 2009-01-18 22:09