2008年11月23日

マクドナルドの"くだらない"あんしんカタログ Vol.7 マックフライポテト編

めったに行かないマクドナルド。以前行ったのは、確か消費(賞味?)期限切れ食材を使用し問題になった時かな。問題となった4店舗のうち、当時の自宅から歩いて1分にあった新大塚店だ。要するにヤジ馬である。普段は買いもしないのにその時はサラダなど期限切れ問題対象商品を購入したのであった。その翌日、マクドナルド本部は問題の4店舗を「直営店に切り替える」と発表した。

昨日久々にマクドナルドへ行った。トレイに敷いてあった紙。その内容があまりにもバカバカしいので紹介したい。

あんしんカタログVol.7
今回は「マックフライポテト」
私たちの食にかけるこだわりをご紹介します

macdo-l.gifmacdo-r.gif
おお、最近はマクドもこんなコト言い出したんかい。どれどれ読んであげよう
「塩」
え?塩にこだわってる!!やるじゃないの。どんな塩を使っているのか?ん!!知りたいぞ!
と思ったらコレ。
macdo-salt.gif
こう書いてある。
塩の振り方までも、おいしさの秘密です。
「あつあつの揚げたてのうちに、マクドナルドのアーチ・ロゴを描くように適量を全体に行き渡らせます。ポテトに塩をふる。ただそれだけのプロセスにも、クルーからクルーへ長年受け継がれている独自の技とこだわりがあります。

小さな文字で「アートを描くように、マクドナルドのMに見えてきませんか?」と記載。
以下のとおりばかばかしさを指摘したい
1)塩を振るってそんなにこだわりとして発表する程度のことか?
2)クルーからクルーへ、そんなに長年受け継がれているっていう程習得するのが難しい技なのか?
3)まんべんに振ってるだけで、Mの字に見えるかっていうのはこじつけではないか?「Q」「W」「N」「S」どれでもいいんじゃない?

「ポテト」
おーやっぱりここではマトモな記述を期待したいぞ!!
macdo-potato.gif
こう書いてある
マクドナルドと出会う運命でした。
ラセットバーバンク、レンジャー、シェボディーなど。
マックフライポテトのあの絶妙なホクホク感をだすために、選び抜かれたのが、これらの品種です。ワシントン州、オレゴン州の広大な土地。土壌や環境に配慮した農場で、大切に育てられます。品質の原点は畑。おしさの基本ですよね。
んで、小さな文字で「収穫したばかりのポテトから不要な根や葉を取り除きます。人の手による作業です。」と記載。
以下のとおりばかばかしさを指摘したい
1)誰も知らない品種「ラセットバーバンク」「レンジャー」「シェボディー」の名称を記載しているのが変。
全部知ってる人はよほど食材に詳しい人だろう。いかにもソレらしい名前を記載し、あたかも専門的であるかのような印象を与える手法は、健康食品などで聞いたことのないキーワードを入れ「成分に○○が含まれてます」と表示するのと同じだ。
これらの品種は何なのか?ネットで調べてみた。
「ラセットバーバンク」アメリカでは食材としてたいへんよく使われるメジャーな品種だそうだ。表面はザラザラしている。通常の品種よりかなり大きく育つ(20センチ以上)ので、長さが必要なフライポテトには向いてる。おそらく、収穫量が多く食材調達に便利なうえ、長いから加工して使うのに便利だったからではないだろうか。特別ホクホク感がいいからではないだろう。
なお「レンジャー」「シェボディー」は検索しても殆ど検索結果に表示されなかったためどのようなジャガイモかはわからない。そんな品種の名前を掲載してる段階で説得力ナシ。
2)「品質の原点は畑」の説得力ナシ
「環境や土壌に配慮した農場」とはどのように配慮した農場なのか?記載されていないから説得力はまったくなし。

「ショートニングモニター」
これはマトモな事が記載されているので省略。

マクドナルドは「そんなもんばかり食べて」とよく偏食などの問題の際、標的にされているからこういうPRに必死なのはわかるけど、消費者側は、説得力の低い美辞麗句には気をつけて、行動したいものだ。
私?今後もマクドナルドへ時々行くことにした・・・もちろんブログのネタのため(笑)
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 14:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 面白画像・ネタ
この記事へのコメント
貴方も意外に勉強家ですね!ブログ等をやっていない人からすれば、何の興味も無い事ですよね!結構、共感する内容でした!これからも楽しみにしてます。そう言えば今日、ハンバーガーを買って食べたら1cmくらいの紙が中に入ってました!慰謝料等を請求する人もいるのでしょうか?お疲れさま。
Posted by ヒデキ at 2009年12月04日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25115645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック