2008年10月17日

求人情報に書かれてある「地球に優しい環境を提案」の本意とは?

転職活動を開始しはや一ヶ月が経過した。
いろんな会社を見ることができて勉強にもなる。

 年齢37歳、転職回数が4回とやや多いのが難でなかなか厳しい。
10年も営業をすれば誰でも、実績もあるし武勇伝のひとつやふたつは持っているし私もそう。然るべき会社であれば即戦力として期待してもらってもいい。

 今回の転職には慎重に進めている。中途半端に世の中の仕組みを知ってしまうと、なかなか踏み出せない現実。

 それはそうと数ある求人案件の中で、最近ある傾向に気がついた。

 エコロジー関連業種の営業の求人案件が多いのである。
 大手転職情報サイトで「オール電化」で検索すると・・・
・株式会社日本エネシス(本社:名古屋市中区)
・尾上工藝株式会社(本社:大阪市天王寺区)
・株式会社メノガイア (本社:神戸市中央区)
・株式会社キャッツ(本社:東京都渋谷区)
・株式会社サンドリア(本社:東京都新宿区)
・株式会社エークリエーション(本社:神戸市東灘区)
・株式会社産電(本社:大阪市福島区)

 どちらの会社もおおむね、判を押したように「地球と人に優しい住宅環境を提案」「地球に優しい環境を提案」など美辞麗句が並ぶ。さぞやりがいのある仕事なんだろう!と思った人、ちょっと待った!

 多くは太陽光発電システムやエコキュート等の導入営業の求人であるが、
 実は、どの会社もエコロジーのためにやっているのではないというのが私の結論。
・・・では何が目的か?

 たとえば太陽光発電。ソーラーパネルと蓄電装置を売ったらおしまい、ではない。電気系統の配線工事も必要となるし場合によっては大規模な工事に発展する可能性もある。

 「エコキュート」(給湯装置)。二酸化炭素を圧縮し発生した熱でエネルギーを得るというが、その装置は機能や容量に比例し巨大で重くなる。コンクリで土台を作り固定しなければならないのだ。

 また水周りの配管工事もきちんとしなければエコキュートの恩恵を十分に受けることはできない。
ここがポイントだったのである。

 実は上記のうち2社に応募し、2社とも面談OKの返事を頂いたが、面談をお断りした。営業手法が両方「トビコミ営業」だったからである。

 トビコミ営業がイヤなんじゃなく、今までIT関連で勤務してきたこともあり、なぜネットでマーケティングし効率的に集客しないのかという疑問と戦わなければならないからである。

 そのうちの1社にメールで質問を投げかけてみた。「一昔前ならともかく、物騒な今時、トビコミ営業をあえてなぜ行っているのか?ネットを活用し受注できる新しいチャネルを何故考えないのか?」と送信。

 しかし結果は「うちはトビコミ営業のみで、それ以外のアプローチ方法はありえません」との返信であった。

 何故ネットで売らないか?その結論がわかった。
 つまり

 設置工事にともなうリフォーム代が目的なのである。

 概算を計算してみる。エコキュートは家庭用の標準的な容量のもので平均70万円 設置工事30万円。配管工事20万円。その他部品等で5万円。

 合計125万円ですよお父さん!如何ですか?

 政府から補助4万円出ますので121万円ですわ。1万は負けときますね。実質120万円!
・・・契約書は124万円でサインお願いしますね!

 原価:エコキュートはネットで現在安いところで、希望小売価格の6割程度で売られているので、仕入原価は半額程度と予測。35万円。

 設置工事、配管工事は工員と工数だけの問題なので業者に依頼しても10万円。合わせても45万円が原価となり利益は79万円。甘めに計算してもなかなかいい利益額だ。

 エコキュートをひとつご紹介。



東芝 HPE-FB374CA。370リットルフルオートタイプ。戸建の一般家庭用としては現在標準的な商品。
希望小売価格 706,650円 (税込) が389,364円 (税込)で売られている(※2008/10/17現在)。

 リフォームのブームもひと頃を過ぎてしまった。また不法な行為を行う一部の業者がリフォームのイメージを悪化させた影響で営業も捗らない。

 新しい展開を望んでいたところ、たまたまあったネタがエコロジーであった。

 ソーラーシステムもエコキュートも、元を取るのに通常は30年はかかる。うまくやっても最低20年。

 「エコロジー活動に参画しよう」という消費者の気持ちは尊い。しかし現実は、20年30年たてば今の世の中は変わっているだろう。もっと価格が安くてエネルギー発生効率の良いエコロジーな商品は世の中にあふれているであろう事は想像に難くない。


 上記企業すべてが当てはまるとは限らないのでご自身でご判断いただきたい。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疑似エコロジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25115608
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック