2010年10月22日

浅田真央選手の初滑りとシュニトケ「タンゴ」

浅田真央選手の今季公式戦初滑り。
結果はちょっと残念だったけど、フリーでの巻き返しを是非期待したいところだね!

私が注目していたのは公式戦での初のお披露目となったシュニトケ「タンゴ」
6月20日に発表されて、この曲じゃないかと私が書いたブログ記事、どうよ、当たったでしょ!

なんにしろ、めったなことでは取り上げられることのないシュニトケの楽曲に脚光を浴びせた「快挙」だと思ってる。

私が注目していたのはフィギュアスケートの演技のために、どのようにアレンジされるのかという点。正直、一体このメロディのどこがフィギュアスケートに向いているのか分からなかったから。

しかし、かなり原曲に忠実なアレンジだった。整ったメロディなのに、少しずつ不協和音を際立たせる弦楽合奏があるんだけど、そこはやはりカットされてた。
シュニトケらしさはソコなのに、と思いつつ・・・

私がお勧めするシュニトケ三傑

・ゴーゴリ組曲・・・あの有名な交響曲をはじめ、様々な有名曲をモチーフした、というか揶揄したような、シュニトケらしさが光る。クラシックを知ってる人なら聴いていて楽しい。民族的なメロディも出てくる。
・古い様式による組曲・・・バロック。現代作曲家とは思えない徹底した繊細さも丸。
・ピアノと弦楽のための協奏曲・・・5回ほど聴くとカッコ良いのがわかる。
・ファウストカンタータ・・・後期ロマン派の潮流を感じさせてくれる。が、深夜に聴くのはやめたほうがいい。


って4つになってしまった^^;;

■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽