2009年07月24日

モーツァルトの未発表作品が"また"見つかった!

昨年の発見に引き続き、またもやモーツァルト未発表作品が発見されたという!

47(共同)より引用。
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072401000086.html

モーツァルトの2作品発見 オーストリア、近く公開

 【ウィーン共同】モーツァルト(1756〜91年)の作品を研究、保管するモーツァルテウム財団(オーストリア・ザルツブルク)は23日、未発表だったモーツァルトの二つのピアノ曲を発見したと明らかにした。いずれも若い時期の作品で、楽譜は財団の所蔵品に含まれていたという。

 ザルツブルクはモーツァルトの生誕地で、財団は8月2日に詳細を公表し、モーツァルト愛用のピアノで曲を演奏する。

 モーツァルトは5歳から作曲を始め、35年の生涯で600以上の曲を残した。

 モーツァルトの未発表作品はこれまでにも多く発見されており、昨年9月にはフランス・ナント市でも見つかった。同市はモーツァルテウム財団の鑑定の結果、資料館で保存していた楽譜がモーツァルトの未発表の自筆譜だったと発表した。


ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 こういう事って本当に感動的だと思う。約200年もの間眠っていたモーツァルトの作品が、息を吹き返し、演奏される。想像しただけでもゾクゾクする!

 若い時期の作品だそうだけど、いつの頃のことを指すのだ?35歳で死んだのでモーツァルトの生涯には「年老いた時期」というものがない。少々強引だけど生涯ずっと「若い時期」だったともいえるわけだ。本当にこういう記者の姿勢にはやきもきするなぁ。

 まあいいか。しかし、そう。百聞はナントヤラってやつ。逆だったかな?とにかく、もったいぶらずに早く"世界初演"してほしい!できればYouTubeにアップしてほしい!
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年07月22日

エーアンドジー 高橋英樹社長が詐欺容疑で逮捕の報に 思わず・・・

 エーアンドジーという会社。主に首都圏で営業が活発。交通広告などに積極出稿しているので、わりとおなじみの会社ではないだろうか。
 A&G 会社HP http://www.aandg.biz/

本日、同社社長の高橋英樹が、イー・マーケティング未公開株の詐欺容疑で逮捕された。

 私は少なからず同社にあまり良い印象を持っていない。「虚勢ばかりで中身が伴っていない会社」という印象を持っている。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


「熱血営業代行」というキャッチフレーズで、文字通り売上に悩む企業の新規開拓営業や事業再生などを請け負う会社。

 1年近く前、同社が大阪に支社を設立するため関西の営業人員を増員したいという求人広告を見かけ、応募したことがある。営業一筋の私、事業内容に共感したためだった。

 応募したら、その日のうちに早速面接のメールが。対応早いじゃない!と思ったら、「明日の面接でいかがでしょうか?」という内容だった。今日に明日って性急だなと感じつつも、明日の10時でお願いしますとメールをで返信。

 ところが返ってきた返事というのが「すでに予約で一杯」との事。それほど長いタイムラグがあるわけではないのに、オカシイ・・・

 電話で交渉。人事関係と思われる女性が応答。「では午後は?」「午後は17時まで満杯です」「では調整しますので17時で可能でしょうか?」「面接官が東京へ戻るのでリミットが17時です」

 はぁ?確かに面接官が出張で来られるなら、ある程度はやむを得ないだろう。だけど、明日来いと言っておいて、予約する段になり予約できない。完全に振り回されたわけだ。
最後に、耳を疑った一言。
「ご辞退ということでよろしかったでしょうか?」

 説明するまでもなく、間違った言葉の使い方である。思わず「あんた営業の会社でしょ」と言いたくなるような受け応え。思えば電話も最初からあまりしっかりした印象は受けなかったな。

 営業代行の会社って言うけども、従業員の教育がまず先じゃないの?と思った。正直なところこの会社に対して、求人広告などで受ける印象が良かっただけに幻滅した。

 この時からこの会社には「虚勢ばかりで中身が伴っていない会社」という印象を持っている。

 そして本日、高橋英樹社長の逮捕。何をかいわんや、と思ったのは私だけだろうか?
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

2009年07月18日

大雪山系で遭難相次ぐ。17年前のあの場所の写真

大雪山系で遭難。多数の方がお亡くなりになっているという事。
まずは、心からお悔やみ申し上げたい。

 今中高年に登山がブームらしい。恥ずかしながらこの話を聞いて、初めて知った。

 今回の事故は無謀だとか正直迷惑だとか批判は多いよう。若いころからよく登山やハイキングを好んだ私としては、山登りをしたい人の気持ちはとてもよくわかる。何って言われても困るんだけど、自然との一体感というか、自分の足でしっかりと踏みしめているんだという満足感というか、そういうもの。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 私、実は今回の遭難現場のすぐ近くの山へ、17年前に登ったことがある。その経験から、この山がどんなに危険かを書きたい。
 
 トムラウシ山、美瑛岳と続く大雪山系、十勝岳。望岳台という小さな展望台のある場所を起点として登り、登頂の後は十勝岳温泉のほうへ帰るというコース。日帰り。季節は9月上旬。ちなみに大雪の山麓が紅葉を迎えるのは9月中旬。

 朝早くから登りはじめた。最初ガスがひどい状況だった。山頂近くでガスが少なくなってきたときに撮影した写真がこれ。
taisetsu.png


 まず一目でわかるのはゴツゴツした山肌。十勝岳は活火山で今でもしょっちゅう小さな噴火を繰り返している。周囲は溶岩などの岩石だらけで、風が吹けば吹きっ晒し。急な斜面で遮るものはなく、風の影響はモロに受ける。

 岩から氷の霜柱のような形状のものが立っているのは、最低気温は氷点下になったことを示し、ななめになっているのは、風の強さを示しているのではないかと思う。

 この後、十勝岳の登頂を果たし、噴火口へ下る斜面をを脇に見ながらザレ場を降りる近道コースを選択したんだけど、これが失敗。ザレ場をズズッと200メートルくらい降りると、そこには大きな岩が立ちはだかっていた。三段山と言われているんだけど、その岩に上がるのは簡単だった。しかし、岩から、下りの山道へ下りる際、下り道の場所が離れていて岩肌に隠されて、どこにジャンプしていいかわからない状態であった。行くこともできず、ザレ場で戻ることもできず、しばし呆然。足をかけて試行錯誤をするうち、ほんのわずか、岩の一部に足を置ける場所があった。ホームベースほどの広さしかない。少しでも足を滑らせると火口方面へまっしぐら。這いあがってくるのはまず無理だろう。しかしそれしか方法はない・・・
 運良く着地し、難を逃れた。私も遭難しそうになったのだった。尚、三段山コースの登山は現在通行禁止とか。

 十勝岳温泉で疲れを取ったあと、ヘリコプターが数機、飛んでいたことを温泉のほかのお客さんに話すると、どうやら前日、お年寄りの女性がパーティからはぐれ、午前、遺体で発見されたとの事であった。

 大雪山系では、遭難事故というのは、決して珍しいことではないという。

 この山はあまりにも遭難する要素が揃いすぎていると思う。雨雲をつかみやすいし、風はモロに受けるし、登山道はあまり整備されていないし、ザレ場が多く足も取られやすい。しかも今回のような縦走となると、しっかりした装備と、ある程度の危険を覚悟する必要があると思われる。

 企画した旅行会社が、余裕のないスケジュールを組んでいたのか否かという点で責められているけども、私は少し違うと思う。そもそも危険すぎるツアーを開催した事が、間違っていたのではないかと思う。

(※風景描写は17年前のものです)
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:34 | TrackBack(0) | 日記など

2009年07月12日

街頭演説に「うるさい」殴った男に少なからず同情

時事通信より引用。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009071100258

女性市議の演説に「うるさい」=夫を殴った男逮捕−北海道警

 街頭演説していた札幌市の女性市議に詰め寄り、止めに入った夫を殴って軽傷を負わせたとして、北海道警札幌白石署は11日、傷害容疑で、自称同市白石区栄通、無職七海正春容疑者(56)を現行犯逮捕した。「うるさかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、11日午前10時20分ごろ、同所の路上で演説中だった共産党の女性市議に「何やってる」などと詰め寄り、止めに入った夫の同党職員の左ほおを素手で殴るなどした疑い。
 現場は住宅街の一角で、市議は七海容疑者が住むアパートの目の前で演説していたという。(2009/07/11-16:47)

 言うまでもなく暴力はいけない事。だけど、街頭演説というのは本当に「公害」と思う。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 私はかつてカミングアウトした通り、うつ疾患でいまだに悩んでいる。特に激しいのが聴覚過敏。ガラスや陶器や金属が当たる音が、頭の中で爆発するような音となって響く。体調のよくないときは、コップを机に置くだけで響き、繰り返されると頭痛となってしまい集中力と判断力が低下し日常生活に支障が出てしまう。携帯電話の音声やパソコンのキーボードを叩く音でも、キツかったりする。

 私と同様に、街頭演説の大きな声で頭痛を起こすという人は他にもいらっしゃるのではないかと思うのだが!?

 私も実は一回だけ抗議したことがある。彼らの主張はこうだ。
(1)路上を使用することは事前に警察に届出をしている
(2)自由に発言して何が悪い。表現の自由は日本国憲法に定められている

 警察に届出をしたのは当たり前の事でなんら問題はない。しかし表現の自由とは、身体的苦痛を受ける人が居るというのに主張してもいいものだろうか?

 暴力はいかん。だけど、どうやったら街頭演説をやめてくれるのか悩んだことだろう。この男性に少なからず同情の念を抱くのは私だけだろうか?

 街頭演説を一切禁止にしたらどうか。

 今日は東京都議選の投票日。アソーソーリは「都議選は東京都の選挙であり国政に関係ない」と選挙前から自民党が敗れることを前提に話をするという、党首としてあってはならない「愚」を露呈するありさま。

 東京都のみなさん、本日は投票に行きましょう!
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 09:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治は一体誰のためのもの?

2009年07月11日

グレツキの曲「パープシコードと弦楽のための協奏曲」

 最近はセブンの事とか書いてて、「現代音楽」というキーワードで検索する人もけっこう多いにも関わらず申し訳ない気持ち。

 ときどきユーチューブを検索して現代音楽の演奏映像をチェックしてる。演奏機会が少ないうえに、演奏シーンともなると生でさえ見ることが限られる。そんなわけでウレシイ映像を見つけたのでご紹介。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 ポーランドの作曲家、グレツキ。ご存じの方は、ほとんどが第3交響曲「悲歌のシンフォニー」がきっかけではないかと思う。私もそう。特に2楽章の美しさは、現代音楽の中でも際立つ存在。あまりにも美しい曲と、背景となる現実とがあまりにもむごいコントラストとなり深い感動を呼んだ。

 第3交響曲全体もそうだけど、全体的にレントな曲調であるため、グレツキとはこのような曲を書く作曲家というイメージがあるけども、さにあらず。この曲を聴けば驚くことは確実。もちろん、素晴らしいという意味で。

「パープシコードと弦楽のための協奏曲」最新映像。実にすばらしい演奏。


今国内でこの曲が収録されたCDを入手することができるのは、このCDだけ。

Gorecki:Kleines Requiem Für Eine Polka/Concerto For Harpsichord And String Orchestra/Good Night
Gorecki:Kleines Requiem Für Eine Polka/Concerto For Harpsichord And String Orchestra/Good Night
価格:1,884円


 この曲をいつか必ず生で聴きたいと思ってる。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2009年07月06日

【三沢光晴追悼番組】プロレスファンを見つける方法

 深夜に放送された「三沢光晴追悼番組」。1時間番組。多くは三沢さんの数々の輝かしい実績と激闘のVTRを流してくれた。本音をいえば2時間くらいにしてほしかったけど、それは仕方無いか。もうひとつ言えば、ゴールデンタイムにやってほしかったな。

 関西地区では、昨晩深夜は何故か3団体ものプロレス番組がそれぞれ地上波3局で放送された。追悼番組の放送中、別チャンネルでは新日の番組。後藤選手対プロレスリング・ノアの杉浦選手、岡田選手対ノアの潮崎選手という興味深い試合を放送していた。なんでこんなタイミングでダブるんだろう。

 ジャンボ鶴田、ジャイアント馬場などなつかしい顔ぶれもたくさん出てきて、たいへん見ごたえのある内容だった。番組が終了してから、テレビ画面に向かってミサワコールをした人は私だけじゃないと思う。既に眠気が吹き飛んでしまい、布団に入ってから就眠するまで時間がかかってしまった。

そんなわけでとてつもなく眠い。

今日会社や学校で眠むそうにしている人を見つけたら、その人はきっとプロレスファンに違いない。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など

2009年07月05日

タニア・リベルタ

急に、タニア・リベルタの声を聴きたくなった。
タニア・リベルタ(Tania Libertad)はペルー生まれの女性歌手。
フォルクローレなど中南米系では実に有名な人なんだけど、ご存じの方はあまりいないのが残念。

「アルフォンシーナと海」はタニアの十八番。日本人でも歌う人がけっこういて、わりとよく知られている。いちばん最初は、メルセデス・ソーサというアルゼンチンの女性歌手が歌いヒットした曲。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


今日はこの「Concierto para una sola voz」という曲をセレクト。
日本語にすれば何だろう。ライブドア翻訳を使うと「I concert For A Single Voice」とのことで和訳すれば「一声のための演奏会」ってとこか?

なんでこの曲かっていうと、タニアの歌う楽曲の中で最もクラシック的な要素が高いから。
YOUTUBEの動画でこの曲をご紹介。
他にもCDの音源を使った映像などあるのだけど、比較的最近の映像のようなのでこの動画を選んでみた。ギターが少々難ありなんだけど、タニアの高い歌唱力は存分に伝わってくる。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 15:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中南米とかそのへんの音楽