2008年08月30日

JR東海「エコ出張」の本意とは

jre.jpg

JR東海さん、「エコ出張」とは実にいいこと思いつきましたね。
飛行機のほうが圧倒的にCO2を多く排出することに目をつけて、地球温暖化防止に実際役立つし、企業イメージもいい。

今まで航空機との競争は、条件が「価格」と「時間」だけだったのに、絶対的に勝てる切り札を手に入れたんですね。

CO2排出量に大きな差があるのは事実だし、国土交通省もそれを発表してる。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kankyou/ondanka1.htm

だけどJR東海のこのサイトを見て思わず失笑してしまった
「地球環境保全への取り組み」
http://eco.jr-central.co.jp/
見てくださいこの仰々しさ。
地球環境保全へどれだけ必至に取り組んできたのかを、さもごもっともに、わかりやすく表現されているのである。

「利益を追求した結果の副産物として、エコロジーだっただけ」
なんである。
まず「省エネルギーへの取り組み > 新幹線のめざすこと」を見てみよう。
http://eco.jr-central.co.jp/making/index3.html
「0系」と現在の「N700系」では、最大で49%の電力消費量削減となった、とある。

O系は初代新幹線。1964年のころの話である。そのころから順々に、新幹線が新しくなるたびに電力消費量を削減してきたと表示されている。しかし本意は「電力経費を減らし利幅を増やしたい」からであることはあきらかだろう。

自動車の技術的な進歩を見ても明らかである。自動車の燃費効率が向上したのは、なにも地球環境保全を考えたからではなく、消費者にとって日々の負担となるガソリン代金が安くなる自動車のほうが、よく売れるからだった。

新幹線もまったくおなじ理屈で、電力削減で利益向上を図ろうとした結果、その副産物がたまたまエコロジーであったにすぎない。
にもかかわらず、「地球温暖化防止のために、できること」なんていうのは、恥ずかしがりながら言ってほしいもんである。
本当に「エコ出張」と主張したいのなら、以下の点を改善してほしいものだ

・磁気切符は再生紙の原料としては不向きなので小さな紙にしあの厚い紙を節減する、か今の磁気切符ではないリサイクル可能な方法を検討
・ソーラーパネルの多用。駅の壁面や線路の防音壁に設置したり。
・風力発電の設置。トンネルの出入り口


なにが言いたいのかというと、自ら積極意的にエコロジーに参加してこそ「エコ出張」と胸を張って主張していただきたい。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疑似エコロジー

2008年08月28日

金属を食べる樹木

hen01.JPG

東京都港区西新橋付近で見つけた一枚。
車道と歩道をわける意味で設置された金属の柵。その柵に大きな口をあけてかぶりつく樹木。絶対に放してやるもんかという、固い意思が伝わってくるこの迫力。

それとも、世界的な金属不足のために、この柵だけはとられまいと必死になっているのか。

東京港区って場所は必死にしがみついてまで、住み続けていたいってコトか。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白画像・ネタ

2008年08月27日

トンデモ・クラシックス その2

クラシックのCDのジャケットデザインは、大別して4つのパターンに分かれる
1)作曲家、指揮者や演奏家の写真やイラスト(これがいちばん多い)
2)楽曲のタイトルから想起される画像(「月光」とか「白鳥」とか)
3)無関係な芸術的志向の高い画像、イラスト(近現代曲に多い)
4)明らかな手抜き
1)や2)などは当然だが少し面白くない。また日本人の美人演奏家となると、写真集かと思わせるような写真が多い。3)はとても楽しい。どこをどうひねれば、このようなジャケットになるのだろう、と思わずしみじみ見てしまう。4)は失笑。

3)のような面白画像CDをご紹介。ただし、今回はジャケットの不思議空間を追及したいだけではない。このCDが、実はとんでもない録音なのだ。
Prokofiev, Tchaikovsky, Rachmaninov [Hybrid SACD]
(avanti classics 5414706 10212)
このCD、演奏家が凄い。レスチェンコというピアニストは知らないが、アルゲリッチとの共演による珍しいプロコフィエフの古典交響曲2台ピアノ版、ヴァイオリンの怪人、ロビーラカトシュが後半のトラックで登場するなど、たまらなくいい。

特に怪人ラカトシュが演奏するチャイコフスキー、プロコフィエフ、ラフマニノフの作品は他で聴くことはできないだろう。

チャイコフスキー「メロディ〜なつかしい土地の思い出」やラフマニノフ「ヴォカリーズ」のような甘くしんみりした曲、どういう演奏をするのやらと思い聞いてみたらこれが素晴らしい。プロコフィエフ「行進曲〜三つのオレンジへの恋」は、予想通りのラカトシュらしい名演奏。

特にラフマニノフのヴォカリーズ。ピアノ三重奏になっており、実に巧い編曲。演奏も実に泣ける・・・メロディを作ったラフマニノフがすごいのか、編曲した人がすごいのか、演奏する人がすごいのか・・・いや、全部すごいからこういうコトになるんだな・・・あ・・・あ・・・あ・・・素晴・・・らしい・・・としみじみ余韻・・・の

は・ず・が
 なんと40秒後くらいに、とんでもないボーナストラックが!!
CDのジャケットにも記載されていないその曲は、ハチャトゥリャンの某有名曲!ヴァイオリンを演奏しているのは・・・これは間違いなくラカトシュだ!!

なんて事してくれるんだよ。ヴォカリーズでしんみりいい雰囲気なのに!とはいいつつもその名演奏にホレボレ。

ラカトシュさん「ヴォカリーズもいいんだけどさぁ、あと一曲やらせてよ!いいじゃんちょっとぐらい。アンコールだと思ってさ」なんて、もしかするとそんなやりとりがあったのかもしれません。

■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2008年08月26日

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第5番  -トンデモ・クラシックス その1

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第5番

ラフマニノフの話は前回したけど、こんどはピアノ協奏曲の話。
このブログタイトルどおり、ジャンルや楽器がさまざまにクロスオーバーし、アレンジされるのはとっても良いコト!というのが私の信条。

平原綾香サンの「Jupiter」はその最たるもので、作曲家のホルストは一部を切り出して演奏することをたいへん嫌っていたというが、美しいメロディはどんどんクロスオーバーしていくべきなのである。ホルストさんには申し訳ないけど、美しい音楽は人類全体の財産なのではないかと思うのだ。

さてさて本題。一か月ほど前、大阪梅田の某有名クラシック専門店で発見し思わず入手した「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第5番」のCDをご紹介。

トーゼン、ピアノ協奏曲は第4番までしかないのに・・・
有名な有名な第2交響曲を独自にアレンジし、第5番を作っちゃいました!ってなカンジ。マニアの考えそうな事!それでも演奏されCDまで出しちゃうのだからブリリアント社はすごい。

あちこちのレーベルから版権を買い上げて激安でガンガン出すだけのレーベルかと思っていたが・・・

他の協奏曲や交響曲で使われていた手法が盛り込んであり、鐘がなったり(たぶんチューブラだと思うが)はたまたやや失笑気味な部分もあり、それはそれなりに楽しめる一枚である。

icon
icon
(BRILLIANT CLASSICS 8900)

余談だけど、第2交響曲をアレンジするなら、2台ピアノアレンジ版とかあったら聴いてみたなぁ、などというのは、欲張りだろうか。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2008年08月24日

ドメイン名 激安の裏側で

私は数個持っています。数個、というのは、自分でもよくわかっていないので、十個以下なのはかっているけど個数まで把握していない、というわけ。有効期限が来て失効してもまぁいいかなっておもっているから吞気なんだけど、失効はしたくないんだ・・・というのは注意しなければならないと思う。

昨年秋、各レジストリ(※各ドメイン名を管理している本部みたいななもん)が販売価格を一斉に値上げした。そのため、レジストリから仕入れているレジストラも当然、価格を値上げせざるをえない状況となり、当然日本のドメイン激安市場にも影響が出た。

国内におけるドメイン激安はなんといっても、ムームードメイン・バリュードメインが双壁。
かつて両者は以下の価格であった(すべて税込/.comを例)

ムームードメイン:808円
バリュードメイン:790円

というわけで、ほんのわずかの差でバリュードメインが優勢であった。
当時の仕入れは6.00US$、ICANNへ0.20US$だったと思う。値上げ直前の為替相場が1US$=105円で計算すると、日本円で仕入は651円となります。ただしこれはレジストラの仕入れ価格。両者とも再販業者のため少なくとも日本円で700円前半台だったと思われる。

しかも人件費を除いても、もっと費用がかかっていたはず。

・仕入れ先の海外レジストラへの送金手数料
・クレジットカード決済のための4〜5%の決済手数料
・ドメイン取得のためのサーバ、システム保守管理費
・WEBサイトデザインの人件費
・アフィリエイトの手数用

両者とも1ドメイン名取得にかかった費用はどのように計算しても、800円を越えていたはず。JPドメイン名、ほかの国別ドメインななどは多少利益もあるので、ドメイン名事業全体ではやや緩和されたかもしれない。

レンタルサーバ契約などで総合的に利益を生み出そうとしているのだろうが、レンタルサーバ事業そのものが両者とも激安には変わりない。ドメイン名・ホームページを持つことを広く広めようという両者の精神は尊いけれど、これではボランティアではないか!?

かかる状態で、おそらく両者とも、価格変更できず苦しんでいたに違いない。

そんなときのレジストリの価格値上であった。「仕入れ値が上がったので、やむなく値上げをすることになった」
察するに、両者にとっては、まさに渡りに舟、絶好の値上げ機会であったはず。

で、最初に値上げを発表したのは、バリュードメインであった。

バリュードメイン 980円送設定無) 2007年10月31日発表

その約一か月後くらいに、ムームードメインも値上げを発表。

ムームードメイン 950円 2007年11月25日発表


つまり、ジャンケンポンで後出ししたムームーのほうが、値上げ後は安くなったというわけだ。バリュードメイン側も一旦発表した以上、すぐには動けないのだろう。このあたりの攻防は、たいへん興味深い。

しかしもっと興味深いのは、両者の利益率であろう。
値上げ前は、利益率どころか両者とも「com」単体では赤字ではないかと記載した。が、値上げとなったのは0.42US$で、日本円にして50円程度であった。
(※netは値下げとなっている)
両者とも、今までの収支構造を継続するならば、値上げは100円以下で良かったはずである。が、

ムームードメインで142円値上げ

バリュードメインで190円の値上げ

やはり両者とも、台所事情は苦しかったんである。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー・ドメイン名

2008年08月23日

池松宏さんのチェロソナタ!?

ラフマニノフ:チェロソナタ
(キングレコード MUCD1183)

今日買ってあまりに感動したので紹介することにした。

池松宏氏は元NHK交響楽団の首席コントラバス奏者。コントラバスのCDをリリースしててちょっと注目してたけど、新作アルバムがなんと、ラフマニノフのチェロソナタのコントラバスバージョン。
ものすごい挑戦だなって思った。

ラフマニノフといえば、有名なピアノ協奏曲第2番。ほぼ同時期に作曲されたチェロの名曲で、チェロ好きなら知らない人はいないだろう。チェロも良いがピアノも見せ場(聴かせ場?)の多い曲。

チェロのメロディラインが魅力的で、コントラバスにして演奏する、というのはちょっと想像しにくい・・・のだけど!

ト短調からホ短調にキーを下げて演奏されており、そのためかピアノの魅力はやや下がったかな。あとやっぱり元のキーのほうがよいなと思う場面もしばしば・・・しかし、総合では二重丸!!

ラフマニノフの作品はよく技巧的な部分がとてもウケる(特に第3ピアノ協奏曲とか)けど、私は絶対、緩徐楽章がイノチだと思ってる。第2協奏曲の第2楽章、ピアノソナタの第2楽章、第2交響曲の第3楽章とか、とにかく恍惚とした美しいメロディがあってこそ、曲全体が素晴らしいものになる・・・

だからチェロソナタはやっぱり第3楽章。コントラバスの低くてやさしく包み込むような響きは、チェロよりも良いと思った。コントラファン、チェロファン、ラフマニアン、にはぜひご一聴いただきたく。
amazonのアフィリ貼っておきますので、ここへ見に行ってください。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2008年08月21日

加藤茶の「ちょっとだけよ」のテーマソングは

加藤茶のギャクの筆頭ともいえる「ちょっとだけよ」「あんたも好きね」というのがあった・・・うう自分で言うのも懐かしい。

面白いと思ったけど、当時小学生低学年だった私は、それが当時の風俗で流行していたストリップ劇場のマネとは知らず、なぜ面白いのかもわからずに笑ってた・・・と同時に、インプリントされたのがあのBGM!!

某知恵袋とかでいろいろしらべると、ペレス・プラード(Perez Prado)楽団の「Taboo」との事らしいですね。が、しかし、私は発見してしまいました。本当の原曲を。

Margarita Lecuona という女性が作曲をしたそうです。(ご存じの方は失礼)レクオーナといえば、エルネスト・レクオーナ。キューバ出身で中南米のクラシック、果ては中南米の他ジャンルの音楽にクロスオーバーな影響を与えた人。エルネストの姪にあたる人がマルガリータ(読み方合ってるんだろうか?)さんとの事でした。

美人ピアニスト、熊本マリさんのCD、その名もそのまま
「TABOO」
で聴くことが可能です。
この曲、実に渋い渋い。間違っても脱ぎたくなるような曲じゃないんです。是非ご一聴して頂きたく。

"Taboo〜Viva,Latin Dance!"
(キングレコード KICC317)
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽

2008年08月19日

誰でも知ってるコンビニと知らないコンビニ

ファミリーマート:木造店舗の出店本格化 環境対策
「ファミリーマートは9月から木造店舗の出店を本格化する。ビルやマンションに入居しない単独立地型の店舗が対象で、今後4〜5年で約1000店を建設する。従来の鉄骨造りに比べて建築時の二酸化炭素(CO2)排出量を約6割削減できる。地球温暖化問題をめぐり、一部自治体でコンビニの深夜営業自粛を求める声が広がる中、環境対策を充実させて消費者の理解を得たい考えだ。」(毎日新聞より引用)
http://mainichi.jp/photo/news/20080820k0000m020033000c.html

コンビニが環境問題に取り組む?ええっ!!
コンビニって、存在自体が、「アンチエコ」だと思ってた。だって深夜でも明かりを煌々と照らし夏は寒いほど涼しく、冬は暑いほど暖かい。レジ袋は食品と一般品で別々に入れるのが「サービス」だと思ってる。

弁当には割りばし、デザートにはフォークやスプーン。ドリンク一本でもハイハイストローおつけしますね!・・・ああなんてコンビニって便利なんだろう!消費者に提供してきたサービスポリシーはそもそもがアンチエコなわけでそんなの誰でも知ってる。

そのコンビニが、外見だけでもとにかくエコろう、という実にわかりやすい記事といえる。しかしこの中に本当の真実は一行も記載されていないことに気がついた。

コンビニエンスストアの経営実態、搾取する本部、いつまでたっても儲からない店主の実態・・・はほとんど知られていない。何故なら、めったに報道されないからだ。なぜ報道されないか?答えは明確、マスメディアにとってコンビニ各社は優良広告主だからだ。
コンビニ店主の多数は、深夜営業をやめたいと思ってる。何故か。

・儲からないから
・深夜アルバイトがなかなか見つからないから
・深夜の売上は赤字だから

である。一方本部は、店舗に少しでもモノを売らせ、売上のピンハネがほしい・・・という構図が本部と店舗間でかなり前より問題化されてきた。

この記事では「地球温暖化問題をめぐり、一部自治体でコンビニの深夜営業自粛を求める声が」とあり、あたかも消費者側の声を反映したかのような印象だけど、実際の裏側には、そういうドロドロが隠されているのである。

この記事をもっとわかりやすく言えば、こうだ
「ファミリーマートは9月から木造店舗の出店を本格化する。ビルやマンションに入居しない単独立地型の店舗が対象で、今後4〜5年で約1000店を建設する。従来の鉄骨造りに比べて建築時の二酸化炭素(CO2)排出量を約6割削減できる。ただし建設時だけなので環境への影響は軽微といえる。

今まで何故木造にしなかったのかという事については説明されていない。地球温暖化問題をめぐり、一部自治体でコンビニの深夜営業自粛を求める声が広がる中、環境対策を充実させたとみせかけ、消費者の理解を得ると同時に、今後も店舗オーナーに24時間営業の継続を強制したい考えだ。」


興味深い本を一冊ご紹介。
コンビニ不都合な真実―笑うFC本部、泣く加盟店オーナー
コンビニ 不都合な真実 (ベストセレクト 767)
私も読んだけど、こんなに酷いことがまかり通る社会もどうか。

またこのような犯罪に近い事を報道すれば、コンビニ経営の被害者がもっと少なかったはずなのに、報道できないでいるマスコミ各社の体たらくにもとても落胆する気持ちになれるのでオススメだ。
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疑似エコロジー

ブログ開始

前々回挫折、前回はアクセス上がってきたときに挫折、さて今回は?
■ ロリポップより安いサーバーとは?
にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by 苦労する大場 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記など